10年に1度の最強寒波にすっぽり...真冬日の富山県内この冬一番の冷え込み

10年に1度の最強寒波にすっぽり...真冬日の富山県内この冬一番の冷え込み

  • チューリップテレビ
  • 更新日:2023/01/25
No image

日本列島を襲った今シーズンの最強寒波。25日の富山県内は雪はもちろん、とにかく冷え込みました。富山の最高気温は氷点下1.7℃。各地で凍結の影響が目立ちました。26日も厳しい寒さが続きそうです。

【写真を見る】10年に1度の最強寒波にすっぽり...真冬日の富山県内この冬一番の冷え込み

記者:「午前5時すぎの国道8号です。夜間も気温は上がらず路面は凍結していますが、凍結防止剤を散布する車が夜通し活動しています」

25日の富山県内は、雪とともに未明からぐっと冷え込みました。

最低気温は富山で氷点下5・7℃、高岡市の伏木で氷点下5・9℃などすべての観測地点で0℃を下回り、この冬一番の冷え込みとなりました。

富山市では、通学の前に雪かきをする小学生も…。

記者:「どうして雪かきしてるの?」
小学生:「楽しいから。雪と触れ合えるから」

25日の最大積雪は、富山で22センチ、高岡市の伏木で13センチとそれほど深くなかったものの、この冷え込みで路面が凍結。

雪かきする男性:「氷でこれ以上歯が立たないぐらいの固さになってますね。例年ここまで固くなることはめったにないので」

県警によりますと25日方までの24時間に県内では77件のスリップ事故が起き、2人がけがをしました。

記者:「この雪の中、続々と子どもたちが登校しています」

公立の小中学校は、富山市のみが通常の授業を実施そのほかすべての自治体で臨時休校となりましたが26日はすべての市町村で通常通り授業が行われます。

記者:「ここ田尻池では水面の半分ほどに氷が張っていてあちらではカモたちが身を寄せ合って、暖をとっているように見えます」

この日、日中の最高気温は富山で氷点下2・1℃など県内全ての観測地点で最高気温が0℃を下回り、今季初めての「真冬日」となりました。

この厳しい冷え込みにより、まちなかでは、いたるところにこの季節限定の自然のアートが。

記者:「道路の脇、こんなところも凍っています。植え込みにつららが何本もできてがカーテンのようになっています」

植え込みにかかった融雪装置の水しぶきがそのまま凍り、氷のカーテンができていました。

富山県内が今季もっとも強い寒波に覆われた一方、交通に大きな乱れはみられず、通勤・通学に大きな影響はありませんでした。

通勤中の人:「(鉄道)動いてるなと思って出てきた。思ったほど降らなくてよかったなと」「都合の悪い方は休んでもいいような感じで言われましたけど頑張って来ました。寒かったですね」

記者:「午前8時前、高岡市の国道8号にきています。路面は凍結していますが、交通量は少なく、スムーズに動いているような印象です」

通勤時間帯の国道8号などにも大きな渋滞はみられず、普段より交通量そのものが少なくみえます。

チューリップテレビが県内企業15社に問い合わせたところ7割ほどが在宅勤務を推奨していて、出勤する人が減ったことも要因の1つと考えられます。

ゴールドウイン 白崎裕大マネジャー:「在宅勤務が可能な職種については、在宅勤務を推奨しました。フロアにはほとんど人がいないような状態になっている。従業員の通勤時の安全確保のためというところが大きいと思う」

気象台によりますと26日にかけ寒気は弱まるものの、厳しい寒さは続き、26日午後6時までの24時間予想降雪量は東部西部ともにいずれも多いところで平地で20センチ、山間部で30センチとなっています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加