高橋真麻、スゴイのは胸だけじゃなかった?“ヒップ圧”を証明した事故とは

高橋真麻、スゴイのは胸だけじゃなかった?“ヒップ圧”を証明した事故とは

  • アサ芸プラス
  • 更新日:2020/11/20
No image

女子アナ史上最高のバストの持ち主といえば、言わずと知れた高橋真麻。鷲見玲奈や大橋未歩、杉浦友紀など爆裂バストの持ち主は多いが、真麻を超える破壊力を持った女子アナはまだ現れていない。そんな真麻が、なんと今回はバストではなくヒップで話題になっている。

真麻は11月12日のブログで長椅子を破壊してしまったことを告白。なんでもあまりに楽しくはしゃぎすぎてしまったようで、簡易的に使っていた椅子を割ってしまったのだという。

「椅子の写真が公開されていますが、見ると確かに大きなひび割れができています。簡易的に出していたイスとのことですが、見た感じはかなり立派。そう簡単に壊れるものではないようなんですが…」(週刊誌記者)

それだけ真麻のヒップ圧がすごいということだろう。座面のバッキバキ具合を見れば、真麻のヒップが大きくしっかりしていることが容易に想像できる。

「真麻は、このイスにどのように座っていたのか明かしていません。ひょっとすると、長椅子をまたぐようにして座っていたのではないでしょうか。というのも、しっかりとヒップの形を思わせる割れ方をしているからです。右の臀部と左の臀部と、判で押したようにヒビが入っています」(前出・週刊誌記者)

バストの影に隠れてあまり表に出ることのない、真麻のヒップ。ぜひ1度我々に披露してほしい。

アサ芸プラス

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加