寒波続き日本海側は猛吹雪の所も ホワイトアウトに警戒を

寒波続き日本海側は猛吹雪の所も ホワイトアウトに警戒を

  • ウェザーニュース
  • 更新日:2023/01/25
No image

2023/01/25 10:10 ウェザーニュース

今日25日(水)の日本付近は冬型の気圧配置が続いていて、今冬最も強い寒気に覆われています。北日本を中心に猛吹雪になっている所が多く、ホワイトアウトなどに警戒が必要です。

日本付近は気圧差が非常に大きい

今朝は北海道の東の海上で低気圧が猛烈に発達し、6時の時点で中心気圧が950hPaまで低下。一方で、大陸から張り出す高気圧は1036hPaと、その差は80hPa以上です。日本付近は等圧線の間隔が非常に混み合い、特に北日本で季節風が強まっています。

10時00分までの最大瞬間風速は北海道奥尻町で30.8m/s、新潟県佐渡市・弾崎で30.1m/s、秋田県八峰町・八森で27.8m/sなど各地で25m/sを超える暴風を観測しました。10時の時点で北海道や東北の沿岸部には暴風雪警報が発表されています。

少なくとも今日いっぱいは猛吹雪が続く見通しで、ほとんど視界の効かないホワイトアウトとなるおそれがあるため、外出や移動の際は警戒が必要です。

吹き溜まりでは極端な積雪増加も

No image

26日(木)昼までの積雪の予想

日本海では雪雲が発達していて、山陰から北海道にかけての日本海側に次々と流れ込んでいます。昨日のような集中的な雪の降り方ではないものの、引き続き積雪が増加する見込みです。

これから明日26日(木)昼までの24時間で、北陸や東北の山沿いでは局地的に50cm以上の新たな積雪が予想されます。北陸から北海道の大部分は20cm前後の予想ですが、吹雪のため吹き溜まりではこれ以上に雪が積もってもおかしくありません。

昨日から大幅に積雪が増加している所では、屋根からの落雪や雪崩などが発生しやすくなっています。除雪中の事故にも最大限の注意を払ってください。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加