【日本代表】ドイツに勝利した翌日の練習で、冨安&酒井が違和感で別メニュー! コスタリカ戦は最終ラインに不安を抱えて挑む可能性

【日本代表】ドイツに勝利した翌日の練習で、冨安&酒井が違和感で別メニュー! コスタリカ戦は最終ラインに不安を抱えて挑む可能性

  • サッカー批評Web
  • 更新日:2022/11/25
No image

ドイツ戦翌日の11月24日、ドーハ市内で練習を行う日本代表 撮影:中地拓也

カタールワールドカップ初戦でドイツを破ったサッカー日本代表は現地時間の11月24日、ドーハ市内で練習を行った。

関連:森保監督がテストしてきた「終盤の3バック」は課題の「試合の終わらせかた」への対応策!?23日ドイツ戦へのチェック事項《現地ルポ「サッカー日本代表」【最終準備】》(2)

この日の練習には、酒井宏樹冨安健洋を除く24選手が参加した。酒井は左太ももに、冨安は右太ももに違和感を訴えており、ピッチでの全体練習には加わらなかった

ドイツ戦に先発した選手と出場時間の長かった選手はリカバリー中心のメニューをこなし、それ以外の選手はゲーム性のあるボール回しなどを行った。

酒井はドイツ戦に先発で出場したものの、途中、相手選手と接触した際に痛みを訴えており、後半23分に途中交代していた。冨安はハーフタイムから出場し、日本に逆転をもたらすきっかけとなったシステム変更で、3バックの左に入っていた。

中3日で迎えるコスタリカ戦の出場は不透明な状況で、日本代表は最終ラインに不安を抱えるまま挑む可能性が出てきた。

いま一番読まれている記事を読む

サッカー批評編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加