日本版で再注目!「24 TWENTY FOUR」初期キャストはいま

日本版で再注目!「24 TWENTY FOUR」初期キャストはいま

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2020/10/18
No image

「24」シーズン1に登場していたキャストたち -左からカルロス・バーナード、キーファー・サザーランド、サラ・クラーク - FOX Image Collection via Getty Images / Gareth Cattermole / Charley Gallay / Getty Images for Amazon Studios

テレビ朝日系ドラマ「24 JAPAN」(毎週金曜よる11時15分~)の放送が始まったことで、再び注目を浴びている海外ドラマ「24 TWENTY FOUR」。日本版はオリジナル版のシーズン1がベースとなっており、第1話から再度見返しているファンも多いことだろう。ここでは、オリジナル版シーズン1に出演していたキャストの現在を紹介する。(編集部・倉本拓弥)

ジャック・バウアー役/キーファー・サザーランド

No image

“24時間眠らない男”を演じたキーファー・サザーランド - Gareth Cattermole / Getty Images

CTU(テロ対策ユニット)の捜査官ジャック・バウアー役のキーファー・サザーランドは、現在53歳。2001年の放送開始から2010年のシーズン8まで、9年にわたりジャックを熱演し、「24 TWENTY FOUR」は自身の代表作に。2014年のシリーズ続編「24 TWENTY FOUR リブ・アナザー・デイ」で再び主演を務めた後、スピンオフ「24:レガシー」(2017)では製作総指揮として参加している。その後は「サバイバー:宿命の大統領」(2016~19)といったドラマに出演しているほか、2016年にはカントリー歌手としてアルバムを発表し、ツアーも開催している。

テリー・バウアー役/レスリー・ホープ

No image

現在55歳のレスリー・ホープ - Michael Tran / FilmMagic / Getty Images

ジャックの妻テリー・バウアーを演じたレスリー・ホープは、現在55歳。「24 TWENTY FOUR」はシーズン1のみの出演で、その後は「Dr.HOUSE -ドクター・ハウス-」(2004~05)、「NCIS ~ネイビー犯罪捜査班」(2013~16)、「SUIT/スーツ」シーズン5(2015~16)などの人気ドラマへゲスト出演が続いた。また、監督としても実力を発揮しており、ドラマ「ヴァン・ヘルシング」「ロスト・イン・スペース」「ザ・オーダー 暗黒の世界」「スノーピアサー」などのエピソード監督を担っている。

キンバリー・バウアー役/エリシャ・カスバート

No image

変わらぬ美しさ!エリシャ・カスバート - Amanda Edwards / Getty Images

来月38歳の誕生日を迎えるエリシャ・カスバートが演じたのは、ジャックの一人娘で“キム”の愛称で知られるキンバリー・バウアー。シーズン5(2006)からはゲスト出演という形になったが、最終シーズンまで合計79エピソードに出演した。シリーズ終了後は、「ハッピー・エンディングズ(原題) / Happy Endings」(2012)、「ワン・ビッグ・ハッピー(原題) / One Big Happy」(2015)、「The Ranch ザ・ランチ」(2016~20)といったシットコム(シチュエーション・コメディー)で実力を発揮している。プライベートでは、2013年にプロアイスホッケー選手のディオン・ファヌーフと結婚している。

トニー・アルメイダ役/カルロス・バーナード

No image

渋い!スピンオフ「24:レガシー」でアルメイダを再演した時のカルロス・バーナード - FOX Image Collection via Getty Images

ジャックと度々衝突していたCTU捜査官トニー・アルメイダ役のカルロス・バーナードは、先日58歳の誕生日を迎えた。アルメイダは、シーズン2からメインキャラクターに昇格し、シーズン7(2009)まで登場。カルロスはその後、スピンオフ「24:レガシー」(2017)で同キャラクターを再演している。「24 TWENTY FOUR」出演後はテレビドラマを主戦場としており、主な作品は「ダラス」(2012~13)、「HAWAII FIVE-0」(2013~18)、「MACGYVER/マクガイバー」(2017~18)など。最近の出演作には「SUPERGIRL/スーパーガール」シーズン3(2017~18)がある。

ニーナ・マイヤーズ役/サラ・クラーク

No image

「24」共演者と結婚!サラ・クラーク - Charley Gallay / Getty Images for Amazon Studios

アルメイダと親密な仲にあったCTU捜査官ニーナ・マイヤーズを演じていたのは、現在48歳のサラ・クラーク。シーズン1はレギュラーキャストとして出演し、シーズン2とシーズン3はゲスト出演となっている。その後は映画『トワイライト~初恋~』(2008)や、「Dr.HOUSE -ドクター・ハウス-」(2004~05)、「NCIS ~ネイビー犯罪捜査班」(2015~16)、「BOSCH/ボッシュ」(2014~18)などのテレビドラマに出演。プライベートでは、「24 TWENTY FOUR」シーズン1でジャックの上司ジョージ・メイソンを演じていた俳優ザンダー・バークレイと、2002年に結婚している。

デイビッド・パーマー役/デニス・ヘイスバート

No image

よりダンディーに!デニス・ヘイスバート - Rodin Eckenroth/Getty Images

現在66歳のデニス・ヘイスバートが演じたのは、テロリストに命を狙われたアメリカ初の黒人大統領候補デイビッド・パーマー。シーズン2では大統領として登場し、以降シーズン5まで物語に絡んでいる。その後は、ドラマ「ザ・ユニット 米軍極秘部隊」(2006~09)をはじめ、『カンフー・パンダ2』(2011、声の出演)、『シン・シティ 復讐の女神』(2014)、『テッド2』(2015)といった話題作に出演。最近の出演作には、ドラマ「LUCIFER/ルシファー」シーズン5(2020)がある。

シネマトゥデイ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加