鈴木大地氏が甲府放火事件で〝謎発言〟連発「不幸中の幸い」「答え合わせしたい」 ネット困惑

鈴木大地氏が甲府放火事件で〝謎発言〟連発「不幸中の幸い」「答え合わせしたい」 ネット困惑

  • 東スポWeb
  • 更新日:2021/10/14
No image

鈴木大地氏

山梨県甲府市の住宅が全焼し住人の井上盛司さん夫婦とみられる遺体が見つかった放火事件をめぐり、鈴木大地元スポーツ庁長官(54)の発言が物議を醸している。

12日未明、甲府市で住宅が全焼。焼け跡から井上さん夫婦の遺体が見つかった。13日に同居する次女への傷害容疑で19歳少年を逮捕。警察の調べに「人を殺してしまった」と供述している。捜査関係者によれば、少年は次女ではなく、長女と面識があったという。

そんななか、ネット上で話題になっているのが、13日放送のフジテレビ系「めざまし8」に出演した鈴木氏の発言だ。

事件について聞かれた鈴木氏は「わかっていないことがたくさんありますから何とも言えませんけど」と前置きした上で「いくつか疑問があって、まず放火されたときに亡くなった2人…ご両親ですか? 逃げられたんじゃないか」と発言。続けて「住宅密集地ではなかったので、延焼しなかったのは不幸中の幸いというところでしょうけど」とコメントした。

出火は午前4時前で一家は就寝中であったと考えられる。

その後、鈴木氏は「いろんなことが起こっていて、自分の中でいろんな想定をしているところなんですけど、答え合わせが早く知りたいです」という言葉で締めた。

鈴木氏の徹頭徹尾〝謎コメント〟にネット上も「意味がわからない」「どういう脳内?」と困惑。事実関係がはっきりしない中での見解だけに仕方ない部分もあるが…。

東スポWeb

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加