【甲子園見どころ】日大三島エースで4番松永陽登が主軸、国学院栃木は2年生エース/第1試合

【甲子園見どころ】日大三島エースで4番松永陽登が主軸、国学院栃木は2年生エース/第1試合

  • 日刊スポーツ(野球)
  • 更新日:2022/08/06
No image

対戦が決まり、ガッツポーズする日大三島(左)と国学院栃木の主将(代表撮影)

<全国高校野球選手権>◇6日◇1回戦

【第1試合(午前10時半)日大三島(静岡)-国学院栃木(栃木)】

日大三島は、エースで4番の右腕松永陽登(はると)投手(3年)が主軸。名将・永田裕治監督(58)が率いる。国学院栃木は、2年生エース右腕の盛永智也投手に注目だ。

◆日大三島 日大の付属校として1958年(昭33)創立の私立校。94年(平6)の新1年生から男女共学。03年に中学校を開校。普通科が総合進学、アスリートなど4つのコースを持つ。生徒数は1861人(女子868人)。甲子園出場は夏は2度目、春は84年と今春センバツに出場。主な卒業生は競泳の岩崎恭子、ハンマー投げの室伏重信ら。三島市文教町2の31の145。渡辺武一郎校長。

◆国学院栃木 1960年(昭35)創設の私立校。野球部も同年創部。生徒数は1249人(女子505人)。部員数は81人。甲子園出場は夏2度目。春は4度。柄目監督はOBで00年センバツに選手として出場。主なOBは元ロッテ渡辺俊介、ラグビー日本代表の田村優ら。所在地は栃木市平井町608。青木一男校長。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加