阪神・中野 自身初の1試合2発「最高の形で追加点を取ることができた」 4安打4打点と打線けん引

阪神・中野 自身初の1試合2発「最高の形で追加点を取ることができた」 4安打4打点と打線けん引

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/05/15

◇セ・リーグ 阪神―DeNA(2022年5月14日 横浜)

No image

<D・神>6回、2ランを放つ中野(撮影・島崎忠彦)

阪神・中野の勢いが止まらない。7―2の6回2死二塁で宮国の直球を捉え、右越え2ランを放った。

「点差に関係なく、後ろの打者にいい形でつなぐという自分の仕事をしようと打席に入りました。ホームランになるとは思いませんでしたが、最高の形で追加点を取ることができて良かったです」

3回の第2打席にも右翼席へ2ランを放っていたが、自身初の1試合2本塁打を記録。ここまで4打数4安打4打点と打線をけん引している。

打率も試合前の・284から・302まで上昇。昨季は横浜スタジアムで打率・424と得意にしていたが、この日も相性の良さを示す結果を残した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加