2022年9月22日 橋の伝説|次元上昇日記

2022年9月22日 橋の伝説|次元上昇日記

  • 幻冬舎plus
  • 更新日:2022/09/23

先日、ありがたいことに京都の京セラ美術館に取材で伺う機会があり、せっかくなので早めに現地に入りました。

久しぶりに嵐山に行きたくて、地下鉄を乗り継いで向かいました。前回はJRで行ったのですが、今回は地下鉄線と嵐電線を乗り継いでみました。路面電車に旅情が盛り上がります。

そして通過駅の駅名が雅味すぎました。

蚕の社、帷子ノ辻、鹿王院など、歴史絵巻が流れていくようです。嵐電嵐山駅に着くと、その駅ナカのドリンク売り場や土産物屋、きれいなトイレなどの設備の充実ぶりにまた驚きました。さすが世界的観光地。平日でしたが修学旅行生も結構いました。

とりあえず目的地は渡月橋です。最も好きな川、そして橋といっても過言ではないスポット。桂川にかかる橋で木製の欄干が渋いです。

橋から両側の山の風景を観賞したり、川のせせらぎを聞いたり、橋の真ん中で「ここは私の……アナザースカイ」と独り言をつぶやいたり、ふりかえってまた景色を眺めたりして渡月橋を満喫。実はその時自分が禁を犯しているとは知らずに……。

京都の川の水はきれいで、流れる音を聴いているだけでも癒やされます。それで満たされお土産欲もわかず、うどんを食べてこの日のメインの取材の場所に向かいました。

そしてあとで渡月橋について調べていたら、まず、あの世という検索候補が出てきて、この世とあの世をつなぐ橋、という説があるみたいでした。それはまだいいとして、検索候補に「振り返る」があるのが気になりました。調べたら橋の途中で振り返ってはいけない、という言い伝えが! 法輪寺にお参りしたあと橋の途中で振り返ると授かった知恵がどこかへ行ってしなう、と言われているそうです。そんなトラップが……。法輪寺にはお参りしてないですが、今まで学んだことをちょっと忘れてしまったかもしれません。

さらに調べたら渡月橋には、カップルが一緒に渡ると別れるというジンクスも。歴史の長い橋なので、男女が一緒に渡って別れたケースもあるとは思いますが……。でもこれにも対処法があって、カップルで来た場合一人が先に渡りきって、もうひとりがそのあと渡って、向こう岸で待ち合わせたら大丈夫だそうです。橋の向こう岸で待ち合わせるのもロマンチックです。

いろいろないわくがあるのも京都らしいです。都内の永代橋とか、探しても言い伝えがなさそうです。これからは禁忌に触れないよう、歴史的なスポットに行く前に言い伝えを調べようと思います。

No image

渡月橋の風景。まだそんなに混んでなかったです。

<次元上昇日記>の記事をもっと読む

辛酸なめ子

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加