【JRA】新種牡馬ミュゼスルタンの産駒が初勝利 東京1RでユングヴィがV、鞍上は父の主戦・柴田善臣騎手

【JRA】新種牡馬ミュゼスルタンの産駒が初勝利 東京1RでユングヴィがV、鞍上は父の主戦・柴田善臣騎手

  • netkeiba.com
  • 更新日:2020/10/18
No image

産駒が初勝利をあげたミュゼスルタン(ユーザー提供:白い星さん)

18日の東京1R・2歳未勝利(芝1400m)でユングヴィ(牡2、美浦・大江原哲厩舎)が1着となり、ミュゼスルタン産駒が初勝利を果たした。鞍上はミュゼスルタンの主戦も務めた柴田善臣騎手。

ユングヴィは母ハンナ、その父ディープインパクトという血統。通算成績は2戦1勝。

ミュゼスルタンは父キングカメハメハ、母アスクデピュティ、その父フレンチデピュティ、祖母は1999年の京都牝馬特別(GIII)覇者マルカコマチという血統。

2014年にデビュー2連勝で新潟2歳S(GIII)を制覇。2015年NHKマイルC(GI)3着。2016年には9ヶ月の休み明けで初ダートの青梅特別(1000万下)を制するなど非凡な能力を秘めていたが、度重なる骨折などによりわずか7戦でキャリアを終え、2017年からアロースタッドで種牡馬入り。

現2歳の初年度産駒は3頭でその全てが、父と同じ美浦の大江原哲厩舎所属となっている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加