これが「本家」ゴリラ弾 阪神・陽川が今春1号&あのポーズ「できるだけ多く見せられるように」

これが「本家」ゴリラ弾 阪神・陽川が今春1号&あのポーズ「できるだけ多く見せられるように」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/02/22

◇練習試合 阪神4ー9中日(特別ルール)(2021年2月20日 北谷球場)

No image

<中・神>6回無死、左越えソロを放ちゴリラポーズを決める阪神・陽川(撮影・大森 寛明)

ポーズも弾道も“本家”を誇示した。阪神・陽川が6回に今春1号となる左越えソロ。ここまでドラフト1位・佐藤輝にゴリラポーズを譲っていた先輩が意地の一発で力を示した。

「自分のスイングができるよう、しっかりタイミングをはかって意識してやっていて、それが形につながった」

初球から白球をたたきつぶした。6回1死。左腕・小笠原の甘く入った直球を完璧に捉え、長い滞空時間の末に左翼芝生席に着弾した。待望の2021年初となる“ゴリラパンチ”に「初球から自分のスイングができていたので良かった」と手応え十分。悠然とダイヤモンドを一周し、佐藤輝らの待ち構えるベンチ前では、満を持して胸を力強く叩いた。

注目を浴びる後輩に先を越されていたゴリラポーズに関しては「昨年からああいうふうにやっている。特別なあれはないです。僕は何も教えてない。(先にやられたことは)特に何も思わなかった」と泰然自若。「チームで浸透してくれたらいい」とうなずいた。

「競争なんで負けずにアピールしていきたい。できるだけ多くゴリラポーズ見せられるよう頑張っていきます」

矢野監督も迷わずカッコいい大賞に選出した。「一塁も外野もできるし、自信を年々つけてきている。うちも左(打者)が多いので、どこにでもはめやすい選手なんで状態としては上がってきたのかな」。初回1死二、三塁では左翼左へ2点適時二塁打。前回出場した16日の楽天戦から2試合続けて2安打を重ね、上昇気流に乗ってきた。 (遠藤 礼)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加