離乳食の作り方がよくわかる【6つの調理の基本】先輩ママおすすめの調理アイデアも紹介!

離乳食の作り方がよくわかる【6つの調理の基本】先輩ママおすすめの調理アイデアも紹介!

  • Baby-mo
  • 更新日:2022/01/18
No image

赤ちゃんは、かむ力が不十分な上に消化機能も未熟。食べやすい形状にするためには、調理方法を工夫する必要があります。はじめて離乳食を作るママにもわかりやすいよう「6つの調理の基本」を紹介します。

No image

基本がよくわかる「離乳食のおかゆ」の作り方。炊飯器や電子レンジで作る方法も紹介調理の基本1:裏ごしする裏ごし器は、なめらかなトロトロにするため、離乳食初期(生後5~6ヶ月頃・ゴックン期)の特にスタートのころに重宝します。網の目を通すことで、かたまりや繊維がのぞけるので、すりつぶすよりも口あたりが良くなります。トマトの裏ごし方ざく切りにしたトマトは皮と種がついたままこし網にのせ、スプーンの背で押しつけます。皮と種が残り、実だけを裏ごしできます。ブロッコリーの裏ごし方

No image

ブロッコリーの穂先はやわらかくゆでても、食べ初めの頃は粒々が苦手な赤ちゃんも。丁寧に裏ごします。網の裏についはぶんも、すくい取りましょう。調理の基本2:すりつぶす離乳食初期(生後5~6ヶ月頃・モグモグ期)、離乳食中期(生後7~8ヶ月頃・カミカミ期)でよく登場する調理法。やわらかくゆでた食材をすり鉢ですりつぶし、かたまりのない状態に。それを水分で伸ばし、かたさを調節します。かぼちゃのすりつぶし方1.ゆでて熱いうちに、すりこ木でつぶします。すり鉢の溝に入りやすいので、少し多めに作るのがコツ。

No image

2.すりつぶしただけでは、水分が少なくモソモソして食べにくい状態。湯冷ましやだし、スープ、牛乳などでゆるめて食べやすくします。調理の基本3:すりおろす根菜ははやわらかく加熱してから、すりおろすとなめらかに。ゆでて冷凍したほうれん草のほか、じゃがいも、りんご、高野豆腐、パンなどもすりおろして活用できます。ほうれん草のすりおろし方繊維のあるほうれん草の裏ごしは、なかなか大変。ゆでてからラップで棒状に包んで冷凍し、葉先だけをすりおろす方法がおすすめです。にんじんのすりおろし方にんじんはやわらかくゆでてからすりおろすと、口あたりがなめらかに。ゆでて冷凍しても、かたくなるので手でしっかり持ちやすいです。調理の基本4:つぶす・ほぐすかむ力が発達する離乳食中期(生後7~8ヶ月頃・モグモグ期)以降は、食べやすくつぶしたり、ほぐしたりすることが増えます。野菜はつぶす、魚はほぐすなど、食材によって工夫を。バナナのつぶし方バナナはフォークでつぶすのがラク。やわらかくゆでたいも類、かぼちゃ、豆腐などもフォークで簡単にこまかくつぶせます。にんじんのつぶし方やわらかくゆでたにんじんは、ポリ袋に入れてすりこ木で押しつぶします。つぶし加減は、好みで調節して。魚のほぐし方1.熱湯でゆでた魚を平皿にのせ、フォークの背で身をくずしながらほぐします。このとき、小骨が残っていないかよくチェックして。

No image

2.ほぐした魚はそのままではパサついて食べにくいので、おかゆやつぶしたいも類、ヨーグルトなどで「あえる」のもおすすめ。調理の基本5:刻む離乳食中期(生後7~8ヶ月頃・モグモグ期)はみじん切りにし、成長に合わせて刻み方を大きくしていきます。刻んでゆでるより、大きいままゆでてから刻むほうが、やわらかい仕上がりに。にんじんの刻み方1.やわらかくゆでて薄切りにする。さらに薄切りを少しずらして横方向に重ね、端から細切りにします。離乳食中期(生後7~8ヶ月頃・モグモグ期)なら2~3mm幅に。

No image

2.細切りをまとめて横にしておき、端から同じ幅で刻むと、均一な大きさのみじん切りになります。ブロッコリーの刻み方やわらかくゆでて穂先のみを切り落とし、離乳食中期(生後7~8ヶ月頃・モグモグ期)は包丁で細かく刻みます。離乳食後期(生後9~11ヶ月頃・カミカミ期)からは、5mm大くらいにほぐせばOK。ほうれん草の刻み方青菜は、繊維を断ち切ることが重要。十分にやわらかくゆでてから、縦に刻み、さらに横にも刻み、長い部分が残らないようにします。調理の基本6:とろみをつける赤ちゃんの食べにくさを解消してくれる「とろみ」。片栗粉があれば手軽にとろみをつけられますが、ベビーフードやとろみのある食材を利用するのも簡単でおすすめです。鍋でとろみをつける1.水溶き片栗粉を作ります。基本は片栗粉1:水2の割合で、薄めに作ると失敗がありません。まずは片栗粉小さじ1/4と、水大さじ1/2くらいのごく少量でOK。

No image

2.材料が煮えたらいったん火を止め、①を鍋に回し入れる。

No image

3.すぐに手早く混ぜて再び火をつけ、混ぜながら水分をとばしてとろみをつける。

とろみ食材を使う●バナナであえる

No image

バナナはすりつぶすとトロリとした強い粘りが出ます。甘みもあるので、赤ちゃんが苦手な青菜や葉野菜などとあえると、食べやすくなります。

●ヨーグルトであえる

No image

なめらかな舌ざわりとやわらかな酸味が特徴のプレーンヨーグルトは、離乳食中期(生後7~8ヶ月頃・モグモグ期)からOK。肉や魚などのパサつきをカバーします。ベビーフードを使う●「とろみのもと」と混ぜる

No image

ベビーフードの「とろみのもと」は粉を振り入れて混ぜるだけでとろみがつきます。水で溶いたり加熱する必要がないので、外出先でも便利。

●「ホワイトソース」のとろみを活用

No image

ミルク風味で赤ちゃん好みの「ホワイトソース」は、とろみ具合も絶妙。魚や野菜と混ぜて、クリームあえやグラタン風にもアレンジできます。とろみあんを作る1.耐熱容器に片栗粉小さじ1/2、水大さじ3を入れてよく混ぜる。

No image

2.電子レンジで10秒加熱し、取り出してかき混ぜる工程を3~4回繰り返す。好みのとろみ具合になれば完成。調理した食材に混ぜて食べさせます。だしやスープで作っても。先輩ママに聞いた!便利グッズでラクチン調理アイデアミニサイズの茶こしは少量の裏ごしにぴったり少量を裏ごししたいときには、茶こしが便利。目が粗めのものを選ぶと、目詰まりしにくいです(Y・Tさん&女の子・6ヶ月)キッチンばさみならまな板&包丁いらず!青菜はタテに切り込みを入れてから横にカット。煮込みうどんは、鍋の上で切りながら入れちゃいます(K・Hさん&男の子・1歳)器にくっついた食材はミニゴムベラが活躍つぶした食材を混ぜたりあえたりするのに、小さめの器を使用しているのですが、食材がべったり器についてしまうことが。ミニサイズのゴムベラなら、きれいにすくいとれますよ!(幸恵ママ&男の子・8ヶ月)かぼちゃやいも類を簡単に押しつぶせる!マッシャーは真上からギュッと押せるので、フォークより断然つぶしやすい♪ステンレス製が丈夫でおすすめです(O・Aさん&男の子・8ヶ月)ヌードルカッターでめん類をカット100円ショップのヌードルカッターは、めん類をすいすい切れて便利。ケースつきだから、お出かけにも持参しています(N・Mさん&女の子・10ヶ月)みそこし器で取り分け調理がラクチンにみそこし器に赤ちゃん用の刻んだ野菜やパスタを入れて、鍋のふちに引っかけるだけ。赤ちゃん用を先に取り出してから、大人用に味つけすればOK(H・Kさん&女の子・9ヶ月)保冷剤で、熱々食材があっという間に急冷冷めにくいおかゆは、皿に平たく盛ってラップをかけて、保冷剤をのせるだけであっという間に冷めます。おなかがすいて泣いてるときの裏わざです(K・Cさん&男の子・1歳)ふたをして振ればミニおにぎりの完成!100円ショップの「ふりふりご飯ボール」は、ごはんを入れてふたをして振ると、丸いおにぎりが3個完成。時短になるし、作るのもなんだか楽しい♪(K・Tさん&男の子・1歳6ヶ月)

_______

赤ちゃんが離乳食が苦手と思う原因のひとつは「食べにくさ」。食べる様子をよく見ながら、かたさややわらかさ、大きさなどの形状を工夫していきましょう。

No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image

【監修】上田 玲子

栄養学博士・管理栄養士
小児栄養学の第一人者として活躍するかたわら、トランスコウプ総合研究所取締役として栄養コーチングの手法を開発。日本栄養改善学会評議員や日本小児栄養研究会運営委員なども務める。監修書に『はじめてママ&パパの離乳食』『離乳食大全科』(ともに主婦の友社)など。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加