「軽王者」に勝てるか!? N-BOX対スペーシア対タント 軽ライバル3強の頂上決戦開幕!!

「軽王者」に勝てるか!? N-BOX対スペーシア対タント 軽ライバル3強の頂上決戦開幕!!

  • ベストカー
  • 更新日:2022/11/25
No image

今は軽自動車のスーパーハイトワゴンが高い人気を得ている。全高が1700mmを超えるボディにスライドドアを装着して、4名乗車時の居住性、後席を格納したときの積載性、乗降性などを向上させた。実用的で人気も高く、今は新車として売られる軽乗用車の半数以上がスーパーハイトワゴンだ。

その主力車種となるダイハツタントがマイナーチェンジを実施した。従来は標準ボディとエアロパーツを備えるカスタムを設定していたが、新たにSUV風のファンクロスも加えた。ここではライバル車と比べてみたい。取り上げる車種は、軽自動車で販売1位(2022年1~9月)のホンダN-BOX、2位のスズキスペーシア、3位のタントになる。

文/渡辺陽一郎、写真/HONDA、SUZUKI、DAIHATSU、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】大人気軽スーパーハイトワゴン市場でしのぎを削る3台、N-BOX スペーシア タントを画像で見比べる!!(29枚)

視界&運転のしやすさの一番は? 気になる室内空間を徹底比較!!

No image

N-BOXのインパネ。前方視界はライバルと比べて良くないが、内装の質感は最も高い

前方視界は、インパネの上端を平らに仕上げたスペーシアが最も優れている。2位はタント、3位はN-BOXだ。N-BOXはインパネの最上部に装着されたメーターは見やすいが、上端の位置が高いから前方視界は良くない。圧迫感も生じる。後方視界は各車とも同等だ。

最小回転半径は、売れ筋の14インチタイヤ(155/65R14)装着車で見ると、タントとスペーシアは4.4m、N-BOXは4.5m(4WDは4.7m)になる。

*評価の順位
・No.1:スペーシア
・No.2:タント
・No.3:N-BOX

●内装のデザイン/質感/視認性/操作性比較

内装の質感では、N-BOXが高いコストを費やした。メーターの視認性もN-BOXが少し優れるが、タントやスペーシアも見やすい。操作性は各車とも良いが、スペーシアのハザードランプスイッチは、ドライバーから少し離れて少々使いにくい。

*評価の順位
・No.1:N-BOX
・No.2:タント
・No.3:スペーシア

●前後席の居住性比較

前席のサイズや座り心地は、3車とも同程度だ。車内の広さにも大差はないが、後席の足元空間は少し異なる。身長170cmの大人4名が乗車した場合、後席のスライド位置を後端に寄せたときの膝先スペースは、タントとスペーシアが握りコブシ3つ半、N-BOXは握りコブシ4つ分に達する。

N-BOXは後席の足元空間が広いが、座り心地は柔軟性が乏しい。居住空間の広さは3車とも充分だから、後席の座り心地でタントが1位になる。

*評価の順位
・No.1:タント
・No.2:スペーシア
・No.3:N-BOX

●乗降性比較

No image

センターピラーレスドアを採用することにより、抜群の乗降性を誇るタント

タントが最も優れている。左側のピラー(柱)はドアに内蔵され、前後ともに開くと開口幅は1490mmに広がる。雨天時などは、ベビーカーを持った状態で車内に入り、子供をチャイルドシートに座らせる作業を行える。自転車のような大きな荷物は、リヤゲートよりも、ワイドに開く左側面の方が積みやすい場合がある。タントは状況に応じて、多彩な使い方を可能にした。

乗降性の2位はN-BOXだ。タントのようにピラーをスライドドアに内蔵した造りではないが、スライドドアの開口幅は左右ともに640mmとワイドだ。3位はスペーシアで、スライドドアの開口幅は600mmになる。

*評価の順位
・No.1:タント
・No.2:N-BOX
・No.3:スペーシア

●荷室&シートアレンジ比較

タントはマイナーチェンジを受けて、荷室のアレンジを変更した。以前は後席の背もたれを前側に倒すと、座面も連動して下がり、ワンタッチで床の低い荷室に変更できた。それが現行型は、シート骨格をムーヴキャンバスと共通化して、座面の昇降機能を省いた。背もたれは単純に前側へ倒れるだけだ。そのために広げた荷室の床に段差ができてしまう。

そこで荷室後部のデッキボードを上下2段式にした。上段にセットすると、段差を埋められる。その代わり後席を格納したときの床は、以前に比べて50mmほど高く、その分だけ荷室高が減った。後席を前寄りにスライドさせた状態で、背もたれを前側に倒すと、デッキボードを上段にセットしても後席との間に隙間が生じる。

以前は後席の背もたれを倒して格納したときに、荷室の床面に傾斜ができた。それが現在は、デッキボードを上段にセットすれば、荷室の床が平らになる。このときには、デッキボードの下側を収納設備として使える。改良後は新たな使い勝手を備えるが、前述の通り床は高い。荷室容量を重視するユーザーには適さない。

路面から荷室開口下端部までの高さは、N-BOXは470mm、スペーシアは510mm、タントは580mmだ。重い荷物を積むときに、N-BOXであれば、高い位置まで持ち上げる必要はない。N-BOXは荷室の使い勝手が優れている。

なおタントファンクロスは、外観をSUV風にアレンジしたタイプとあって、後席の背面に防水加工を施した。アウトドアで使ったグッズも積みやすい。スペーシアギアも、荷室に汚れを落としやすい加工を施した。

*評価の順位
・No.1:N-BOX
・No.2:スペーシア
・No.3:タント

燃費はタントが1番!! 比較しておきたい運転性能の行方は?

●動力性能&エンジンフィーリング比較

売れ筋のノーマルエンジンで比べた場合、実用回転域の駆動力はタントが少し高い。加速が滑らかで洗練されているのは、少しパワー不足だがN-BOXだ。スペーシアは、ライバル2車に比べると、実用回転域の駆動力が物足りない。

*評価の順位
・No.1:N-BOX
・No.2:タント
・No.3:スペーシア

●走行安定性&操舵フィーリング比較

タントは全高が1700mmを超える軽自動車としては、操舵感の鈍さを抑えて車両の向きが自然に変わる。走行安定性も良好だ。スペーシアは操舵感は鈍めだが、ボディが軽く、背の高さをあまり意識させない。N-BOXは直進安定性は優れているが、カーブではボディが大きめに傾く。

*評価の順位
・No.1:タント
・No.2:スペーシア
・No.3:N-BOX

●乗り心地&静粛性比較

乗り心地と静粛性は、N-BOXが最も優れている。ボディ剛性を高め、遮音も入念に行ったから、乗り心地が快適でノイズも小さい。次はタントで、時速40km以下の低速域では、路上の細かなデコボコを伝えやすい。それでも発売直後に比べると、角が丸い乗り心地になった。スペーシアは低速域での粗さが気になる。

*評価の順位
・No.1:N-BOX
・No.2:タント
・No.3:スペーシア

●燃費性能比較

売れ筋になる標準ボディのノーマルエンジン搭載車(2WD)でWLTCモード燃費を比べると、タントファンクロスが21.9km/Lだ。N-BOXカスタムLと、スペーシアギアハイブリッドXZは、両車ともに21.2km/Lで等しい。タントの燃費性能が若干ではあるが、ライバル車よりも優れている。

*評価の順位
・No.1:タント
・No.2:N-BOX/スペーシア

気になる納期と割安度は? 注目しておきたいグレードもチェック!!

●注目グレードと割安度比較

No image

お買い得感が最も高いスペーシアギアハイブリッドXZ。スペーシアをベースにSUVテイストをプラスしたグレード

タントの買い得&注目グレードは、新たに加わったノーマルエンジンを搭載する2WDのファンクロス(172万1500円)だ。スペーシアはSUV風のギアハイブリッドXZ(172万5900円)になる。N-BOXはエアロパーツを備えたカスタムL(178万9700円)としたい。

このように全車の買い得&注目グレードは、すべて170~180万円に集中する。この3車がスーパーハイトワゴンの代表として、厳しい価格競争を展開しているからだ。

最も買い得なのはスペーシアギアハイブリッドXZだ。運転支援機能のアダプティブクルーズコントロール、エアコンの冷気を後席に送るスリムサーキュレーターなどを標準装着して、価格は割安だ。

N-BOXカスタムLは、価格の割に内外装を上質に仕上げた。乗り心地なども含めると買い得感が強い。

タントは改良を受けて、シートアレンジを簡略化したり、主力グレードに標準装着されていた運転席ロングスライドシートをオプションに変更している。以前よりも少し割高感を強めた。

*評価の順位
・No.1:スペーシア
・No.2:N-BOX
・No.3:タント

●総合評価

各車種ともに明確な個性を備える。タントは左側のワイドに開くスライドドアが特徴で、後席の座り心地や走行安定性も良い。その代わり今は価格が少し割高になった。N-BOXは上質な内装、乗り心地、静粛性が特徴だ。車内も広くファミリーカーとしても使えるが、後席の座り心地はもう少し快適にしたい。

スペーシアは、収納設備が豊富で雰囲気が馴染みやすい。上質感はいま一歩だが、価格の割に機能や装備を充実させて買い得な印象だ。いずれの車種も一長一短で、激しい競争を展開している。

なお販売店に納期を尋ねると、タントとスペーシアは約3カ月で、N-BOXは6カ月以上であった。タントとスペーシアは今の状況を考えると短めだが、急に延びることもあるから、購入するなら早めに商談を開始したい。

No image

N-BOX、スペーシア、タントの項目別順位表

【画像ギャラリー】大人気軽スーパーハイトワゴン市場でしのぎを削る3台、N-BOX スペーシア タントを画像で見比べる!!(29枚)

ベストカーWeb

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加