オリックス来田が対外試合初安打「自分のスイング」

オリックス来田が対外試合初安打「自分のスイング」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/02/22
No image

火の国との練習試合の4回裏、中前打を放つオリックス来田(撮影・渦原淳)

<2軍練習試合:オリックス6-0火の国>◇21日◇宮崎SOKKENスタジアム

オリックスのドラフト3位、来田涼斗外野手(18=明石商)が対外試合初安打をマークした。

若手主体のB組が、九州独立リーグの火の国サラマンダーズと練習試合で対戦。「3番DH」で先発し、4回無死一塁の第2打席で1ボールからのナックルボールを中前にはじき返し、対外試合初戦を安打で飾った。

「思ったより自分のスイングができたので、1発目でいい試合になりました」と、3打数1安打だった試合を振り返った。ナックルボールへの対応には「高校時代に何度か経験しています。結構、動くボールだと先輩方も言っていたのでコンパクトに行こうと。鋭くバットを振れました」。第2打席で対戦した佐野太河投手(22)は、千葉大時代から「フルタイム・ナックルボーラー」の異名で知られた。全投球の大半をナックルボールで勝負する。その代名詞の球を攻略した。

23日ロッテ戦(宮崎市清武)からNPB相手の実戦も始まる。28日までの宮崎滞在中、A組、B組合わせて9試合を予定し、中嶋監督は「もちろん、組み合わせて(試合に出して)行きますよ。9試合を全部、考えていきます」と開幕への調整に入る主力に加え、開幕入りをアピールする若手にも実戦で力を試す機会を与えていく。

春夏4度甲子園に登場し、2年のセンバツでは史上初の先頭打者&サヨナラ弾で高校球史に名前を残した強打者は「ずっと目標にしているのは開幕1軍。そこに向けて自分でできることをしっかりコツコツやっていきます」と次を見据えた。【堀まどか】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加