「粛々と与えられた仕事をやっていく」県警の職員2人が全国優良警察職員に【長崎県】

「粛々と与えられた仕事をやっていく」県警の職員2人が全国優良警察職員に【長崎県】

  • KTNテレビ長崎
  • 更新日:2021/10/14
No image

テレビ長崎

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

長年の功績が認められた優秀な警察職員を表彰する全国優良警察職員に、長崎県警から職員2人が選ばれました。

表彰されたのは高速道路交通警察隊 尾下 進一 警部補と、松浦警察署の事務職員 山下 みゆき さんです。

尾下 警部補は交通部門に長く携わっていて、整備が進むJR長崎駅周辺の交通規制について、行政と協議するなど事故防止に努めています。

尾下 警部補 「周りの支えしかない。今まで通り、粛々と与えられた仕事をやっていく」

山下 さんは警察署内で働く職員の環境改善に努めたほか、新上五島署に勤務していた時には、職員の家族が地域になじめるよう交流会を開催したことなどが高く評価されました。長崎県警では女性職員の表彰は初めてです。

山下 さん 「警察官が県民、住民のために昼夜分かたず尽力しているので、それを少しでも支えたいと思い勤務している」

2人は今後、後輩職員の育成に励みたいと話していました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加