日本航空が甲府工を下す 好走塁で中押し点「非常に大きかった」豊泉監督

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/05/02

<高校野球春季山梨大会:日本航空6-0甲府工>◇2日◇準決勝◇山日YBSスタジアム

日本航空が好走塁で効果的な中押し点を奪い、甲府工を下した。

3回に甲府工の先発末木克典投手(3年)が3四球と制球に苦しむところにつけ込み、押し出しで先制。和泉颯馬内野手(3年)の犠飛で加点。さらに2死二、三塁から塚田甲子郎内野手(3年)の2点適時打でこの回4点を奪った。投げては先発のヴァデルナ・フエルガス投手(3年)が甲府工を5回途中まで2安打無失点に抑えた。

追加点がほしい日本航空は5回、1死一塁で成沢祐哉外野手(3年)の中越え二塁打に、一塁走者久次米陸士内野手(3年)が一気にホームに生還して5点目を奪った。妹尾大志三塁コーチ(3年)は「タイミングはアウトだったと思いますが、カットに入ったショートがジャックルしたので一気に行けると思って回しました。いつもカットマンの動きを見ていたので、今日は得点につながって良かったです」と、笑顔を見せた。

試合後の豊泉啓介監督も「うちは連打で得点というのがなかなか難しいので、あの5点目は非常に大きかったです。選手には、常に外野手の動き、カットマンの動きを見るように言ってあります。よくホームに帰ったと思います」と、走者久次米のスピード、三塁コーチ妹尾の判断を高く評価していた。

甲府工は4回から毎回安打を奪うも連打はなくホームが遠かった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加