「小松高」名称存続へ署名活動...県立学校再編計画 丹原と統合 「周桑」に反対【愛媛】

「小松高」名称存続へ署名活動...県立学校再編計画 丹原と統合 「周桑」に反対【愛媛】

  • EBCニュース
  • 更新日:2022/09/23

県立学校の再編計画で西条市の小松高校の統合案を巡り、OBらで作る団体が校名の存続を求め、街頭での署名活動を始めました。

街頭の署名活動を始めたのは「県立小松高等学校の存続を考える会」のメンバー6人です。県立学校の再編計画では、小松高校と丹原高校の普通科を統合し、小松高校に新しく周桑高校を設ける案が示されています。

「考える会」は、小松高校の名前を存続させるため市民に署名を呼びかけました。

署名した人:「やっぱり名前はのこって欲しいなと」

小松高校同窓会・工藤憲治会長:「小松藩から始まった小松高校の歴史を、ここで断ち切るのはできないという思いで署名活動させていただいています」

会は1万人を目標に今月末まで署名活動を続ける予定で、集めたた署名を再編計画2回目の説明会の前に県に提出するとしています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加