【六本木】6/17オープン!約100種のレトルト食品「NISHIKIYA KITCHEN(ニシキヤキッチン)」東京ミッドタウン店

【六本木】6/17オープン!約100種のレトルト食品「NISHIKIYA KITCHEN(ニシキヤキッチン)」東京ミッドタウン店

  • リビング東京Web
  • 更新日:2022/06/24

「NISHIKIYA KITCHEN」東京ミッドタウン店オープン

No image

カレー好きな私は「おうちごはん」用にレトルトカレーもよく買います。近所にある「食品も販売しているブックストア」で購入できるのが、レトルト食品専門メーカー「株式会社 にしき食品」のレトルトカレーです。種類がとても豊富で、カレーだけでなくスープなどもあり最高にオススメです。

No image

湯せんで温めてご飯にかけるだけで本格カレーをいただけます。袋からだしてレンチンも可能ですが、私は湯せんで温めています。

No image

素材の美味しさと種類によって異なるスパイス使いが最高です。化学調味料・着色料・香料、不使用です。

No image

そして、6月17日(金)に、物販とテイクアウト専門店「NISHIKIYA KITCHEN(ニシキヤキッチン) 東京ミッドタウン店」がオープンしました!

No image

驚いたのがこの品揃えです。約100種類のレトルト食品が並んでいます。

No image
No image
No image

「カレー・スープ」の他、「パスタソース・おかゆ、お子さま向けのシリーズ」等がありました。

東京ミッドタウン店「限定商品」

No image

オープンを記念の「東京ミッドタウン店限定商品」やお得なセット商品が「数量限定」で販売されています。

No image

ギフト箱入りの「夏のおすすめセット(8個入り)」3,500円は、今の時期のプレゼントにも良いですね。

5,000円の高級レトルトカレーがすごい!

No image

とっておきのプレゼントや自分へのご褒美に、柔らかな仙台牛のブリスケットのステーキを贅沢に1枚使用した「最高級の仙台牛ステーキカレー」はいかがですか?「A SPECIAL,GREAT,FANTASTIC,AMAZING,SUPER DELICIOUS CURRY SENDAI BEEF STEAK CURRY」5,000円です!商品名もスゴイ!

No image

この堂々たるステーキの存在感が素晴らしいです。

No image

内覧会で試食をさせていただきましたが、柔らかいのにしっかり噛み応えのあるステーキは、カレーと一緒でも嚙む毎に肉のうまみを感じます。カレールーは辛さ控えめでまろやかですが、食べ進めていくとしっかりスパイスを感じて、ステーキに負けない深みとコクがあります。お互いに存在感のある豪華な肉とカレーのコラボですが、全体の一体感が素晴らしくてとても美味しいです。

テイクアウトもできます!

No image

「カレーポット」450円~1,040円のテイクアウトも可能です。ランチタイムの11:00~14:00は「おすすめ5種のカレー」、14:00~20:00は「約50種のカレー・スープ」から選んでテイクアウトができます。ごはんは宮城県産「つや姫」を使用しています。並盛は200gです。

No image

カレーポットの形もスマートで可愛いです。カレーをテイクアウトで気軽に食べられる「カレーのNewスタイル」です。しかも、これだけの種類のカレーを選べるのは、レトルト食品専門店ならではですね!

レトルト食品専門メーカー「株式会社 にしき食品」について

No image

「NISHIKIYA KITCHEN」東京ミッドタウン店のオープン前の内覧会にて、株式会社 にしき食品 代表取締役会長兼社長 菊池 洋氏と、営業本部本部長 菊池 洋一氏のお話をお聞きすることができました。

No image
No image

店内のPOPにも書かれてありますが、にしき食品さんは「厳選した食材やスパイスのみ」を使っているので、日本では手に入らないもの、例えばインド料理でよく使われる「カレーリーフ」や「パニール」というチーズは何年もかけて蔵王の生産者と共同開発したそうです。

生のカレーリーフを商品に入れるか入れないかで味に差がでます。

No image

世界中に足を運び、インドの家庭料理を学ぶために現地の料理教室に通ったりもしています。何年も通っていると、独自のスパイスの配合を教えてもらうこともあるそうです。その知識が商品にも生かされています。

No image

また、基本の素材「水」「塩」「油」にもとてもこだわっています。

「水」は、蔵王山系と甲子旭岳を水源とする水を専用の浄水システムで丁寧に塩素を除去した「純度の高い水」を使用。塩素を取り除くことで、素材本来の味わいが生かされています。

「塩」は、厳選した「シママース」「アルペンザルツ」「沖縄の海水塩 青い海」の3種類の塩を、料理の性格に合わせて巧みに使い分けています。

「油」は、圧力をかけて丁寧に油を搾り取る「圧搾製法」を使った上品な香りの「菜種油」で料理に上品な風味を加えると同時に、食材の風味を引き立てます。※一部商品除く

No image

そして、お話の中で心惹かれたのが「世界の料理をカンタンに。」というコンセプトです。

温めるだけのカレーは「手抜き」と言われることがありますが、世界に足を運び、手に入らない食材はみずからつくり、たくさんの手が関わったNISHIKIYA KITCHENの商品は「手抜き」ではなく「カンタン」なのです。そして「カンタン」で生まれた時間で大切な人と大切な時間をお過ごしください。とのことでした。「カンタン」に食事を用意して、その分美味しい食卓の時間をたっぷりとって楽しむことも時には必要ですね。とても有り難く嬉しいです。

※写真は公式オンラインショップで5月人気1位(ランキングは毎月更新されます)の「ガーリックシュリンプカレー」380円です。主人のお気に入りです。

私のオススメ商品

No image

今回の「NISHIKIYA KITCHEN」東京ミッドタウン店で気になり、初めて食べて感激したのが「レモンクリームチキンカレー」400円です。

No image

酸っぱくはありません。シチリア産レモンがふわっと香る、まろやかなカレーです。やわらかいチキンも美味しいですが、なんといってもこのカレールーが最高に好きです。ぜひ食べてみてほしいです。

No image

キハダマグロを使用した「ケララフィッシュ」550円もオススメです。魚の旨み、タマリンドとトマトのほのかな酸味、ココナッツミルクのコクがごはんに良く合うフィッシュカレーです。本格スパイスの魚のカレーですが、魚臭みも全くなく食べやすい味に仕上がっているのでフィッシュカレー初心者さんにもオススメです。

No image

スープ類も素材の味がしっかりとしていて最高に美味しくてオススメです。

No image

サラダとパンでブランチにも。

No image

濃厚なのに優しい味がとても好きです。ぜひチェックしてみてくださいね。

No image

私はまだパスタソースを使って食べたことがないので、お店に行ったときにゆっくり選びたいと思っています。食べてみたいカレーもまだまだ沢山あるので、六本木に行ったら「NISHIKIYA KITCHEN」東京ミッドタウン店に寄って帰ります。

「NISHIKIYA KITCHEN」(ニシキヤ キッチン)東京ミッドタウン店

東京都港区赤坂九丁目7番4号 東京ミッドタウンガレリアB1階

都営大江戸線「六本木駅」8番出口より直結・東京メトロ日比谷線「六本木駅」より地下通路にて直結

03-6447-4555

11:00~21:00(L.O 20:00)

定休日:東京ミッドタウンに準ずる

※レトルトのお買い物、カレー、サラダ、ドリンクがテイクアウトできる新業態です。

公式オンラインショップhttps://nishikiya-shop.com/

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加