華原朋美を“銭ゲバ”に変えた!? 小室哲哉、別れ間際は雑、音信不通の仕打ち

華原朋美を“銭ゲバ”に変えた!? 小室哲哉、別れ間際は雑、音信不通の仕打ち

  • 日刊大衆
  • 更新日:2021/04/07
No image

華原朋美

4月1日放送の『アウト×デラックス』(フジテレビ系)で、華原朋美(46)が明かした“闇”の深さに視聴者が震えた。華原は、かつて小室哲哉(62)と公私ともにパートナーとなり、数々のヒット曲を連発した“平成の歌姫”。しかし今回、華原はスタジオに登場するなり、「いやぁ、金が全てっすよ。ほんとに」「今の時代、金がないと生きていけないんで。そればっかり考えて生活してます」とやさぐれた様子で言い放ち、MCのマツコ・デラックス(48)、ナインティナイン矢部浩之(49)、進行の南海キャンディーズ山里亮太(43)の度肝を抜いた。

関連:小室哲哉とKEIKO「離婚成立」でglobeは本当に継続できるのか!?

さらに華原は「いや、でも皆さんそうですよね。金が全てですよね?」「マツコさんからは、いい金のにおいがします。一生分を超えるぐらいの金を持ってるっていうイメージがあります」とお金至上主義を主張して3人を驚かせたが、矢部に「元気そうでよかったです」と言われると「元気です」と答え、これまでは上がったり下がったりだったが「今は、だんだん落ちてってるほうです」「闇の女なんで。闇を抱えた女です」と続けた。矢部が「健康的な感じするけど、久しぶりで会って」とフォローすると、華原は「健康は健康なんですけど、心がやっぱりちょっと」と返し、「それは健康的ではない」とマツコを心配させた。

いまや一児の母である華原に、マツコが「でも(お金)がすべてではないでしょ?」と聞くと、「今もう保育園連れてったりとかで、大変ですけど。すごいもう愛してます」としみじみ語ったが、「愛はそこにありますけど、その愛を維持するためのお金がないと、やっぱり愛は維持できないじゃないですか」と力説。その考えに至るまでには並々ならぬ苦労があったようで、小室との破局当時について「精神的にはかなりキツかった」「まだ若かったんで」と明かした。

今でも小室の曲で「チャリンチャリン」とお金が入ってきて食べられているという感謝もしていた華原だが、小室について「だんだん(曲が)雑になっていくんですよ。別れが近づくにつれて」「スタジオにも来ないし、電話も出ないし、どこにいるのかさっぱり分からないんですよ」「結局、あの、いつ別れたんだろうって感じで」と当時を振り返った。

■「ひどい男だと思いました?」

さらに華原は、マツコに「私がちょっと捨てられたじゃないですか、女として。そのとき、どう思われました?」と逆質問。マツコは思わぬ質問に大慌てだったが、「それはそれで歌詞としてはね、傷つくことも肥やしになるのかなと思って」「負けないでほしいと思ってたわよ」とおさめようとしたが、華原は「でも、ひどい男だと思いました?」と迫り、マツコを困らせていた。

マツコが「『I'm proud』のMVを見たときにさ、アレすごかったわよ。アレは」とビルの屋上で2人がパフォーマンスしていたミュージックビデオを絶賛すると、華原も「本当ね、私への愛をすごい感じました」と懐かしんだが、「でもあのビルなくなっちゃったんですよ。ビル“も”なくなったっていう」と自虐。マツコは「ビルってそんなになくならないんだけどね……。なくなっちゃったのね」と苦笑いしていた。

華原の赤裸々なトークに、視聴者は「お金が全てってのは共感」「放送内で金って何回言ったんだろう(笑)」「チャリン、チャリン、チャリーーンに大爆笑した」「ともちゃん顔で笑って心で泣いてるね」「苦労したんだねぇ」「これは完全に小室哲哉が悪いと確信」「SNSがふつーのこの時代にあそこまで晒せる朋ちゃんほんとすごいと思うわ」「朋ちゃんの歌声今でも大好きだし、青春」など、さまざまなコメントが上がっていた。

華原は、これまで自身のライブで小室が作曲した自身の曲以外もレパートリーに入れてきたが、3月20日に都内のホテルで行われたディナーショーで、先日小室との離婚を発表したglobeKEIKO(48)へ向けて、「私が歌ってきたglobeの曲は、今後は封印したいと思います」「いつかKEIKOさんと同じステージに立って、一緒に歌う機会があればうれしいなと思います」とエールを送っていた。

いつか華原とKEIKOの共演が見られるかも!?

『鉄腕ダッシュ』新レギュラーSixTONES森本慎太郎とキンプリ岸優太「残酷な差」

日刊大衆編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加