50セント/ヤングボーイ・ネヴァー・ブローク・アゲイン、感謝祭用の七面鳥を無料で提供

50セント/ヤングボーイ・ネヴァー・ブローク・アゲイン、感謝祭用の七面鳥を無料で提供

  • Billboard JAPAN
  • 更新日:2022/11/25
No image

ホリデー・シーズンの諸々の出費による負担がのしかかってくるこの時期に、50セントやヤングボーイ・ネヴァー・ブローク・アゲインが、幸せの広がりに貢献した。

米テレビ局WBRZによると、ヤングボーイは全米黒人地位向上協会と協力し、現地時間2022年11月21日に地元の米ルイジアナ州バトン・ルージュで無料の感謝祭ビュッフェと共に500羽の七面鳥を経済的に困窮している家庭に提供したとのことだ。

他人に分け与えるために自腹を切ったのはヤングボーイだけではない。米テレビ局KPRCによると、50セントはNBAのヒューストン・ロケッツと協力し、22日に同チームのホーム・アリーナであるトヨタ・センターにて七面鳥を配布した。これは50セントが設立した非営利公的財団であるG-Unity Foundationと、スーパーマーケット・チェーンのKroger、そして酒屋チェーンのSpec’sの協力のもと実施され、七面鳥に加え1車両につき1食、そしてロケッツのホーム・ゲームのチケットが配られた。

「素晴らしい感謝祭を楽しんで欲しいだけなんだ。言ってること分かるかい?」と50セントは語り、「実は自分はまだファッション的な参加しかできていない。子供たちの方が色々管理しながら働いているから、自分も早く追いつくためにもっと働かないとね。じゃないと子供に“自分たちだけ働かされてる”って思われてしまうから」と説明した。

全体的に今週は慈善的な1週間だった。リル・ティージェイとアイス・スパイスは地元である米ニューヨーク州ブロンクスの家庭を支援した。専門家が、伝統的なホリデー・シーズンの料理が例年より20%も大きな経済的負担になると予想している中で、両者は約150の家庭に七面鳥を寄付した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加