【大阪市南部】東住吉区で繁盛するうどんの名店

【大阪市南部】東住吉区で繁盛するうどんの名店

  • 食べログまとめ
  • 更新日:2022/05/14

大阪市の南東部に位置する東住吉区。ここには質の高いうどん店が多く存在し、それぞれしのぎを削りつつ日々美味しいうどんを提供されています。この東住吉区のうどんの名店をピックアップ。番外としてうどんを食べることができない「うどんや」もここにご紹介します。

記事作成日:2022/05/14

東住吉区

大阪市の南東部に位置する東住吉区。面積は9.75平方キロメートル、人口は12万7千人ほどの行政区です。近鉄南大阪線・針中野駅と大阪メトロ谷町線・駒川中野駅付近に、大阪市内でも有数の商店街「駒川商店街」広がり、賑わいを見せています。
区の北東部には中央卸売市場東部市場があり、食品流通の拠点なってます。区の南西部にある長居公園には長居競技場があり、陸上競技やサッカーなどの国際試合が開催されるとともに、セレッソ大阪の本拠地としても知られています。

No image

うどん ゆきの

No image

出典:kurodaさん

JR阪和線・南田辺駅から南方向、地下鉄御堂筋線・西田辺駅から東方向にそれぞれ5分ほど歩いたところ。南港通の山坂3丁目BS前にある、うどん店です。
店内は厨房に面したカウンター席と、2人掛け、4人掛けのテーブル席からなる全20席程度です。

関西屈指の人気店の「天カレーうどん」

No image

「天カレーうどん」(960円)は、重厚なお鉢にカレー出汁が満たされ、その上に海老天が屹立しています。
カレー出汁はとろみのないサラッとした風合いで、適度なスパイス感のなか、濃厚な出汁味が光っています。控え目な辛さとともにお出汁の旨みが迫ってくる…上品な味わいです。

No image

天ぷらは海老天、茄子、ししとう、揚げ餅です。
海老天は海老の身がぷりぷりで、茄子はジューシー。通し揚げなので熱々なのもいいですね。

No image

饂飩はやや太めで艶がある。ツルツルでプルンプルン。熱々のカレー出汁に浸っていてもクタクタになりません。
具材は牛肉の薄切りとニンジン、玉ねぎです。これらの多彩な風味をカレー出汁が一纏めにしています。

うどん ゆきの(鶴ヶ丘/うどん、カレーうどん、天ぷら・揚げ物(その他))

☆3.74

夜の金額:-

昼の金額:~¥999

住所:大阪府大阪市東住吉区山坂3-10-14

TEL:06-6622-8866

釜揚げうどん たまり

No image

出典:kurodaさん

近鉄南大阪線・北田辺駅から南東方向、西今川2丁目の松虫通沿いにあるうどん店です。
店内は厨房に面した5席のカウンター席と、奥は数卓のテーブル席があるようで、全部で20席ぐらいです。

艶っぽい口当たりの「釜揚げうどん」

No image

「釜揚げうどん」(580円)は、大ぶりの器の中に横たわっています。
饂飩1本だけ箸ですくい、何もつけずに啜ってみると、小麦の風味とほのかな塩味が感じられます。少し柔らかめでツルツルと艶っぽい口当たりです。

No image

つけ汁は鰹風味で優しい仕上がりです。薬味の青ねぎと生姜からは爽やかな風味が加わり、摺り胡麻によってコクがプラスされました。
最後は、釜湯をつけ汁に入れて、蕎麦湯ならぬ「饂飩湯」にして啜ると、豊かな味わいにほっこりとします。

釜揚げうどん たまり(北田辺/うどん)

☆3.30

夜の金額:-

昼の金額:~¥999

住所:大阪府大阪市東住吉区西今川2-1-2

TEL:06-6777-4746

釜ひろ

No image

出典:kurodaさん

阪和線・鶴ヶ丘駅のすぐ近く、駅からひと筋東側の小路にあるうどん店です。
店内は2人掛け、4人掛けのテーブル席の並ぶ全20席ほどです。

極上の「ちく玉天ぶっかけ」

No image

「ちく玉天ぶっかけ(冷)」(760円)は、器の中にぶっかけ汁に浸かった饂飩が横たわり、その上にはちくわ天と玉子天が載せられています。
葱、大根おろし、おろし生姜、レモンが盛られた小皿が添えられています。

No image

まずはそのまま饂飩を一本啜ってみる…艶やかな質感を持ちながらも適度なコシとしなやかさのある歯応え、そしてふんわり小麦の風味が広がります。

No image

ぶっかけ汁は鰹系の旨みとともに、ほんのりとした甘さと僅かな酸味を持ち、すっきりと仕上がっています。この良質の汁の風味と饂飩のほんのりとした甘みが交錯して絶妙のマリアージュを示しています。
ちくわ天は大ぶりでズシッと重い。玉子天も衣はサクッとしていて、箸で割ると中の黄身がトロトロ。潰すと黄身がぶっかけ汁に混ざり合ってまろやかな風味を創り出します。

釜ひろ(鶴ヶ丘/うどん、天ぷら、天丼・天重)

☆3.74

夜の金額:~¥999

昼の金額:~¥999

住所:大阪府大阪市東住吉区山坂5-2-27ジョイフル鶴が丘 1F

TEL:06-6697-6543

手打ちうどん 西村

No image

出典:kurodaさん

近鉄南大阪線・北田辺駅から松虫通を東方向、JR大和路線・東部市場前駅からは今里筋を南方向。松虫通と今里筋が交差する今川2交差点から西にすぐのところにあるうどん店です。
店内は厨房に面したカウンター席と、その背後のテーブル席からなる全30席ほどの意外な収容力です。

平打ち饂飩の「きざみあんかけ」

No image

「きざみあんかけ」(720円)は、あんかけ仕立てできざみ揚げが散らされるとともに、おろし生姜と塩昆布がトッピングされています。
お出汁は昆布出汁の風味が広がるとともに深いコクが感じられます。さらに塩昆布から浸み出す風味と生姜の爽やかさが合わさって、独特の旨味が感じられます。

No image

饂飩はもちろん手打ちで、平打ちならではの歯触りがあり、もちもちとした食感の中にコシを感じます。どことなく無骨な風合いで、出汁とのマッチングも良好です。

手打ちうどん 西村(今川/うどん、カレーうどん、天ぷら)

☆3.54

夜の金額:~¥999

昼の金額:~¥999

住所:大阪府大阪市東住吉区今川4-4-7

TEL:06-6703-9568

手ぬきうどん まるなか

No image

出典:kurodaさん

JR大和路線・東部市場前駅から歩いて5分ぐらいのところ、大阪市東部中央卸売市場の広大な敷地の南側に面した場所にある立ち食いうどんのお店です。
店内は立ち食いカウンターだけでなく、少々のテーブル席が用意され、無理すれば20人ぐらいは収容できるでしょうか。営業時間は早朝の5時から昼前の11時。お客さんは市場関係者ばかりで活気があっていいですね。

「てぬき」ではなくしっかり手を掛けたおうどん

No image

「きつねうどん」(360円)は、器の中には金色の出汁が満たされ、青ネギとナルト、そして大ぶりのきつね揚げが乗せられています。
お汁を啜ってみると、節の風味がブワっと広がる力強い味わい。瓶に入っている無料の天かすを加えると、さらにコクが深まります。

No image

饂飩は断面の丸い典型的な大阪うどん。テロテロな食感かと思いきや、意外と弾力があります。
きつね揚げは「立ち食い」のお店でよく見かける三角形のぺらぺらなヤツではなく、長方形で大ぶり。箸で持ち上げるとズシッと重いですね。甘さは控え目ながらしっかり煮含められています。

手ぬきうどん まるなか(東部市場前/立ち食いそば、そば・うどん・麺類(その他))

☆3.20

夜の金額:-

昼の金額:~¥999

住所:大阪府大阪市東住吉区今林2-3-14

TEL:06-6758-0550

【番外】うどんや風一夜薬本舗

No image

出典:kurodaさん

地下鉄谷町線・田辺駅からすぐ近く、JR阪和線・南田辺駅からもそれほど遠くないところ。桃ヶ池公園近くの住宅街にある、創業が明治9年の老舗の製薬会社です。
この会社のエントランスの一角に販売コーナーが設けられ、ここで現在の看板商品「しょうが飴」や「しょうが湯」を販売されています。

風邪の予防にしょうが飴としょうが湯

No image

現在、看板商品となっているのが「しょうが飴」「しょうが湯」です。
この飴が秀逸。舐めると生姜の風味とともにピリッとした辛さが走ります。この辛さは他にないほど。なんだか身が引き締まるような気がします。
生姜湯も遠慮ない辛さを持ち、その熱さとともに体が温まります。これは冬場の風邪予防に最適です。単に効能だけでなく、クセになる美味しさを持っているのも嬉しいですね。

No image

社名に「うどんや」とあるが、ここでうどんを食べることはできません。ではなぜ「うどんや」なのかというと、創業者・初代末廣幸三郎が明治9年、ショウガと解熱剤を配合した風邪薬を開発して販売。
その際、温かいうどんを食べて体を温め、一夜サッと寝ることが風邪の養生だと考え、この風邪薬をうどん屋で取り扱うようになったからだということです。
なお現在は薬事法により、うどん屋で薬を売ることは出来なくなっています。

うどんや風一夜薬本舗(昭和町/その他)

☆3.01

夜の金額:-

昼の金額:~¥999

住所:大阪府大阪市東住吉区山坂1-11-2

TEL:06-6621-4951

東住吉!

大阪市の行政区の中でもいささか地味な東住吉区ではあるが、うどんに限らず質の高いお店が多数。東住吉の食べ歩きをしてみてもいいのでは?

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加