過去2度優勝のアザレンカがペグラを下して準決勝進出 [WTAインディアンウェルズ]

過去2度優勝のアザレンカがペグラを下して準決勝進出 [WTAインディアンウェルズ]

  • テニスマガジンONLINE
  • 更新日:2021/10/15
No image

WTAツアー公式戦の「BNPパリバ・オープン」(WTA1000/アメリカ・カリフォルニア州インディアンウェルズ/10月6~17日/賞金総額876万1725ドル/ハードコート)の女子シングルス準々決勝で、第27シードのビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)が第19シードのジェシカ・ペグラ(アメリカ)を6-4 6-2で下してベスト4に進出した。

ファーストサーブからのポイントを81%の確率で取ったアザレンカは、13回あったブレークポイントのうち5つをものにした。

元世界ランク1位で2012年と16年の優勝者でもあるアザレンカは次のラウンドで、第24シードのエレナ・オスタペンコ(ラトビア)と対戦する。2017年フレンチ・オープン優勝者のオスタペンコはもうひとつの準々決勝で、この日29歳の誕生日を迎えたシェルビー・ロジャーズ(アメリカ)を6-4 4-6 6-3で倒した。

「自分のテニスがよくなっている手応えがあるわ。安定したプレーができていると感じているの」とオスタペンコはコメントした。

昨年の大会は新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックにより中止となり、2021年大会は3月から延期されて史上初めて秋に開催されることが決まっていた。今大会ではウイルス対策のため、観客の入場を収容人数の60%までに制限している。(C)AP(テニスマガジン)

テニスマガジン編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加