京産大の元日本代表・伊藤監督が初陣飾る リーグ戦Vへ「確信した」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/10/18

「ラグビー・関西大学交流試合、京産大31-12立命大」(17日、鶴見緑地球技場)

2015年W杯イングランド大会日本代表で、20年就任した伊藤鐘史監督(39)率いる京産大は立命大に31-12で快勝し、交流試合初戦で勝利を挙げた。同大は関大を35-12で退けた。11日に開幕した関西大学Aリーグ8チームによる交流試合は25日まで開催。リーグ戦は11月7日に開幕する。

伊藤監督が、就任後初の実戦を快勝で飾った。前半4分、ロック樋口のトライを皮切りに、伝統のスクラム、モールを軸に圧倒。試合前のロッカールームから選手は闘志むき出しで「闘牛が小屋に入れられているような状況だった。その時点で間違いなく勝利するだろうな、と確信していた」と胸を張った。

チームは新型コロナウイルスの影響で3月下旬から活動を自粛し、8月上旬に練習を再開。98年以来5回目の頂点を狙うリーグ戦へ「自信というか、進んでいる道が間違っていないと確信したと思う」と、選手へ信頼を寄せていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加