【鎌倉殿の13人 第2回】逃走した源頼朝を巡り一触即発 新たな大物登場

【鎌倉殿の13人 第2回】逃走した源頼朝を巡り一触即発 新たな大物登場

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/01/15
No image

NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第2回から

NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」は、1月16日に第2回「佐殿(すけどの)の腹」が放送される。

【あらすじ】

罪人・源頼朝(大泉洋)を処断しようと兵を率いて迫る伊東祐親(浅野和之)。しかし、北条義時(小栗旬)の父・時政(坂東彌十郎)が頼朝をかばって対立。両勢力が一触即発の状態となる中、平清盛(松平健)を後ろ盾に相模の武士団を束ねる大庭景親(國村隼)が現れる。一方、目まぐるしく展開に振り回される義時は、姉・政子(小池栄子)らの助けを受けて頼朝と富士の山すそにいた。だがそれもつかの間、弓矢が放たれ緊張が走る…。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加