巨人・菅野&大城が爆笑お立ち台 息ぴったり「リードはあまりだったけど」

巨人・菅野&大城が爆笑お立ち台 息ぴったり「リードはあまりだったけど」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/09/16
No image

スタルヒンに並ぶ開幕から11連勝を達成し、大城と笑顔を見せる菅野(撮影・金田祐二)

「巨人6-3阪神」(15日、東京ドーム)

巨人が逆転勝ちで8連勝。優勝マジック38が点灯した。

エース菅野は6回7安打3失点の力投で、開幕から無傷の11連勝。開幕投手としては伝説の303勝投手スタルヒンが38年春に記録した球団記録に、82年ぶりに並んだ。

阪神打線に3度リードを奪われる苦しい展開も打線の援護で力投が報われた。開口一番、「うれしいです」と笑ったエース。11連勝の要因について「体調管理じゃないですかね。今日はあまりよくなかったがチームに感謝したい」とうなずいた。

マジック点灯の話題に「今日勝てば点灯するのは頭に入っていた。絶対に勝ちたい一心だった」。決勝打を放った女房役・大城の活躍には「リードはあまりだったけど、バッティングで取り返してくれた」とファンを笑わせた。

その後、菅野の次にヒーローインタビューを受けた大城は、菅野のこの日の投球について聞かれると少し間を空けて場内の笑いを誘った。リードをチクリとされたが反撃はせず、「いや、ナイスピッチングだったと思います」と菅野のいるベンチに視線を向けて笑った。

エースが投げる登板では、打撃で援護する場面が目立つ。高校、大学の先輩でもある菅野とは息もぴったりで「本当にいつも助けられている。今日は助けたかった」と振り返った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加