ドルトムント、4季ぶりDFB杯決勝進出! ハーランド欠くも2部キールに5発大勝

ドルトムント、4季ぶりDFB杯決勝進出! ハーランド欠くも2部キールに5発大勝

  • サッカーキング
  • 更新日:2021/05/02
No image

ドルトムントとホルシュタイン・キールが対戦した [写真]=Getty Images

DFBポカール準決勝が5月1日に行われ、ドルトムントとホルシュタイン・キールが対戦した。

4シーズンぶりの決勝進出を狙うドルトムントが、ブンデスリーガ2部で4位につけるキールをホームに迎えた。初の決勝進出を狙うキールはラウンド32で王者バイエルンを破り、80年ぶりに準決勝まで勝ち上がった。試合はドルトムントの本拠地『ジグナル・イドゥナ・パルク』で行われた。

FWアーリング・ハーランドが筋肉系の問題で招集外となっているドルトムントが試合を動かした。16分、左サイドでボールを受けたジェイドン・サンチョがエリア手前まで仕掛け、エリア内のジョバンニ・レイナに渡す。これを1トラップから右足でゴール右下に突き刺し、先制に成功した。

ペースを掴むドルトムントは23分、追加点を奪う。左サイドのトルガン・アザールからエリア内のマルコ・ロイスにパスが入ると、縦に突破して中央へ折り返す。走りこんだラファエル・ゲレイロがこれをスルーし、後ろからサポートしたレイナが押し込んで2点差とした。

勢いが止まらないドルトムントは26分、エムレ・ジャンが前方に浮き球のパスを送ると、これをエリア内左で収めたロイスがGKと1対1になり、右足で冷静にニアサイドに沈めた。反撃に出るキールは27分、ファビアン・レーゼのシュートが右のゴールポストを直撃、惜しくもゴールとはならない。

ドルトムントは32分、4点目を奪う。前線からプレッシャーをかけると、相手の最終ラインでのパスミスを誘発。ボールを奪ったトルガン・アザールがGKと1対1になり、左足でゴール右下に決めた。さらにドルトムントは42分、エリア手前でサンチョが落とすと、ジュード・ベリンガムが右足でダイレクトシュートを放つ。これがゴール右に決まり、前半だけで5点のリードを奪った。

5点ビハインドで後半へ折り返したキールは67分、エリア内右に侵入したフィン・ポラートが右足のシュートに持ち込むが、相手ディフェンダーにブロックされる。大量リードで余裕を持つドルトムントは72分にアクシデント。ボールを奪いにプレスをかけたマテウ・モレイが右ひざの辺りをおさえて倒れ込むと、そのままトーマス・ムニエとの交代で担架でピッチの外に運ばれた。

試合はこのまま終了。ドルトムントが前半の5得点でキールに大勝を収め、4シーズンぶりの決勝進出を決めた。キールは初の決勝進出とはならなかった。

決勝戦は今月13日に予定されており、勝利したドルトムントはブレーメンを破ったライプツィヒと対戦する。

【スコア】
ドルトムント 5-0 ホルシュタイン・キール

【得点者】
1-0 16分 ジョバンニ・レイナ(ドルトムント)
2-0 23分 ジョバンニ・レイナ(ドルトムント)
3-0 26分 マルコ・ロイス(ドルトムント)
4-0 32分 トルガン・アザール(ドルトムント)
5-0 42分 ジュード・ベリンガム(ドルトムント)

サッカーキング

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加