八神純子「女性ソングライターの殿堂」に日本人初殿堂入り「選考委員の誰しもが“あなたしかいない!”」

八神純子「女性ソングライターの殿堂」に日本人初殿堂入り「選考委員の誰しもが“あなたしかいない!”」

  • 全日本歌謡情報センター
  • 更新日:2022/06/24
No image

八神純子が、アメリカで創設された「女性ソングライターの殿堂」に日本の女性シンガーから初めて選出されることが発表された。

2021年に女性音楽家を支援するために創設されたアメリカの音楽団体である「女性ソングライターの殿堂」。第2回となる2022年の「殿堂入り」にはグロリア・エステファン、ロレッタ・リンらとともに日本の女性シンガーとしては初めて八神純子が選出された。

八神純子は「2011年に音楽活動に復帰して以来、『私しか歌えない歌を作り、歌おう。』と、夢中に走り続けてきたこの10年を、アメリカのメリーランドを本部とする音楽団体『Women Songwriters Hall of Fame』からの『女性ソングライター殿堂賞』というかたちで、アメリカでも讃えられることになるのは大変に光栄なことだと思っています。」とコメントしている。

No image

「女性ソングライターの殿堂」チェアマンのJanice McLean DeLoatch(ジャニス・マックリーン・デローチ)に八神が「なぜ私を選んでくれたの?」と聞くと、「長年にわたり幅広いジャンル、スケールを感じさせる作品を書いて、そしてファイヤーボールのような情熱を持って歌うあなたのステージを見たら、選考委員の誰しもが『あなたしかいない!』って、思ったのよ。」とのこと。

さらに八神は「受賞者はただ賞をいただくだけではなく、今後の音楽業界の中で活躍する女性アーティスト達を支援し、彼女らが良い音楽を創って行ける環境作りをして行くというミッションもあります。(中略)私なりにそのミッションに取り組んでみたいと思っています。それが私の音楽人生の次なるフェーズに加わることは、とても喜ばしいことだと感じています。」と語った。

No image

【八神純子 プロフィール】
一つ一つの言葉を丁寧に伝える歌が、聴く人の心を揺さぶるシンガーソングライター。

1978年シングル「思い出は美しすぎて」でプロ・デビュー。3枚目のシングル「みずいろの雨」が大ヒットし、以降「想い出のスクリーン」「ポーラー・スター」「Mr.ブルー~私の地球~」「パープルタウン」などヒットを連発。87年からはロサンゼルスへ拠点を移して活動。2012年より本格的に日本での活動を再開。オリジナルアルバム「Here I am ~ Head to Toe~」、「There you are」、2021年9月29日には、20作目となるオリジナルアルバム「TERRA~here we will stay」を5年半ぶりに発表した。

全国各地での様々な編成でのコンサート、渋谷Bunkamura オーチャードホールでのスペシャルコンサート「ヤガ祭り」、「キミの街へ」、「ビルボードライブ・The Night Flight 」「プレミアム シンフォニックコンサート」などライブ活動も精力的に続けている。

関連リンク

◆「女性ソングライターの殿堂」オフィシャルサイト(海外サイト)
◆八神純子 オフィシャルfacebook
◆八神純子 オフィシャルTwitter
◆八神純子 オフィシャルサイト

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加