【西武】山川穂高、本拠地100号!「打った瞬間、行ったなと」今季31号はバックスクリーン弾

【西武】山川穂高、本拠地100号!「打った瞬間、行ったなと」今季31号はバックスクリーン弾

  • 日刊スポーツ(野球)
  • 更新日:2022/08/05
No image

西武対ロッテ 4回裏西武2死、山川は31号ソロ本塁打で本拠地100号本塁打とし、どすこいポーズ(撮影・浅見桂子)

<西武-ロッテ>◇5日◇ベルーナドーム

西武山川穂高内野手が、本拠地通算100号を放った。

3点を追う4回、カウント2-0からバックスクリーンに飛び込む130メートル弾。今季31号ソロは、ベルーナドームでは通算100号となる節目の1発となった。山川は「打ったのはカットボールです。打った瞬間、行ったなとは思いました。(本拠地通算100号は)忘れてました。でもうれしいです。打てて良かったです」と喜んだ。

▼山川が4回に31号本塁打。ベルーナドームでは今季13本目で、通算100本目となった。同球場での最多本塁打は中村の216本で、100本以上は山川で6人目。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加