滋賀~三重 新名神高速で車が約10キロ立ち往生 徐々に解消へ 体調不良で少なくとも1人搬送

滋賀~三重 新名神高速で車が約10キロ立ち往生 徐々に解消へ 体調不良で少なくとも1人搬送

  • ABEMA TIMES
  • 更新日:2023/01/25
No image

大雪の影響で三重県から滋賀県に向かう新名神高速道路で約10キロにわたり車が立ち往生している。

【映像】現地の様子

警察によると、立ち往生しているのは新名神高速下り、三重県の菰野インターと滋賀県の甲賀土山インターの10.4キロの区間。現在は少しずつ進んでおり、解消にむかっているということだ。ただ、体調不良を訴えて搬送された人が少なくとも1人いるという。

並行している国道が通行止めになったことで新名神に交通量が集中したことと、滋賀県内の高速でスタックする車両が発生したことが重なったという。(ANNニュース)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加