18歳の佐藤心結が初日6アンダー ルーキー一番乗りVへ好発進/国内女子

18歳の佐藤心結が初日6アンダー ルーキー一番乗りVへ好発進/国内女子

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2022/06/23
No image

佐藤心結

女子ゴルフ・アース・モンダミンカップ第1日(23日、千葉・カメリアヒルズCC=6639ヤード、パー72)第1ラウンドが行われており、前週5位のルーキー、佐藤心結(18)=ニトリ=が8バーディー、2ボギーの66をマークし、ホールアウト時点で首位に立った。「このコースでスコアを作るにはフェアウエーキープが大事と思っていた。きょうは11回フェアウエーキープができて、外した3回はロング。ミドルで全てフェアウエーをキープできたのが良かった」と振り返った。

1番(パー5)で3メートルを沈めてバーディー発進。前半を1アンダーで折り返すと、10番(パー4)で5メートルを沈め伸ばした。13番(パー3)では左からのアゲンストの風を考慮し、3番ユーティリティーを選択。判断が的中し、50センチにピタリ。700万円のホールインワン賞まであと一歩の一打に、「描いたイメージ通り。入ってくれたら120点だったけど、100点のショットでした」と笑った。

前週は首位で最終日を迎え、最終組で西村優菜と森田遥と回った。結果は5位と悔しさが残ったが、得たこともある。優勝した西村のパッティングを見て、「体の軸がぶれない」と学びを得た。さらに、自身の映像を見直し、パッティングのストロークの際、打球の行方が気になりヘッドアップが早まっていたことを確認。今週は修正して挑んでいる。

昨年コロナ禍の影響で2度開催されたプロテストの合格者から優勝者はまだ出ていない。同期で一番乗りVへ、「先週優勝できず悔しかった。あしたは風が吹く予報なので、きょうのようにうまくはいかないと思うけど、たくさんバーディーを取ってスコアを伸ばしたい」と力強かった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加