4月モバイルブラウザシェア、日本はSafariが増加傾向

4月モバイルブラウザシェア、日本はSafariが増加傾向

  • マイナビニュース
  • 更新日:2021/05/04
No image

StatCounterから2021年4月のモバイルブラウザシェアが発表された。以下が、その結果だ。

3月モバイルブラウザシェア、Safariが増加

日本におけるシェアは次のとおり。

世界的にモバイル向けWebブラウザのシェアは横ばいの傾向、Google Chromeのシェアが6割を超えた状態が続いている。一方、日本はこれまで横ばいの傾向だったが、数カ月前からSafariが増加してChromeが減少するという傾向へ転じ、Safariのシェアが6割を超えた状態となっている。日本ではモバイルにおいてSafariが高い影響を持つ状況にある。

Statcounter Global Statsは、世界中の200万を超えるサイトに埋め込まれたトラッキングコードから、これらのサイトにおける月間100億を超えるページビューで使用されているブラウザ/オペレーティングシステム/画面解像度を分析したもの。

後藤大地

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加