【浦和】ユンカー、シャルク不在は「メディカル的」な問題。ルヴァン杯準決勝・C大阪との第2戦へ、リカルド監督「攻撃的に戦う」

【浦和】ユンカー、シャルク不在は「メディカル的」な問題。ルヴァン杯準決勝・C大阪との第2戦へ、リカルド監督「攻撃的に戦う」

  • サカノワ
  • 更新日:2022/09/23
No image

オンラインで取材に応じた浦和のリカルド・ロドリゲス監督。(C)SAKANOWA

「ともに戦いましょう。タイトルを獲るチャンスです」

[ルヴァンカップ 準決勝 第2戦] 浦和 – C大阪/2022年9月25日17:00/埼玉スタジアム

J1リーグ浦和レッズのリカルド・ロドリゲス監督が9月23日、オンラインによる取材に応じて、2日後のセレッソ大阪とのルヴァンカップ準決勝第2戦に向けて抱負を語った。

21日のアウェーでの第1戦は1-1のドロー。今大会はアウェーゴールルールが採用されているため、浦和が“半歩”リードした状況と言える。

「(第1戦は)時間の経過とともによくなっていきました。2点目を取れればさらにアドバンテージを得られましたが、特に後半は良かったと思います。(関根貴大の右サイドバック起用について)良かったと思います。非常に高いレベルでプレーしてくれました。過去には左サイドバックでもプレーしましたが、攻撃でよいものをもたらしてくれました。高いモチベーションでプレーし、彼にとってもいいゲームになったと思います」

リカルド監督はそのように振り返る。

浦和はホームでの第2戦、スコアレスドローでもファイナルへ勝ち上がれる。その心理的な駆け引きについて、次のように語る。

「次の試合で大事なのは、我々が攻撃的にプレーすることです。まだ途中であり、アドバンテージがあると油断することは危険です。(準々決勝の)名古屋戦のように点を取りながら勝ちに行きたいです。セレッソがゴールを決めると、今度は相手のアドバンテージになる状況でもあります」

C大阪は組織的な守備が評価されるが、その攻撃について次のように語る。

「セレッソ大阪の強みはクロスだと思います。松田(陸)やヤマ(山中亮輔)はいいクロスを持っています。カウンターやセットプレーも得意としています。いきなりゴールを決める、というチームでもあります。(前回の上門知樹の一撃、リーグ戦での山中のクロスからのPK献上など)通常の予測とは異なる流れからの失点もありました。第2戦では、しっかり仕掛けてゴールを決めることが重要になると思います」

また、キャスパー・ユンカー、アレックス・シャルクが1戦目は不在だったが、指揮官は「第1戦にいなかった外国籍選手は、メディカル的に何かを抱えていたということです」と語った(ブライアン・リンセンはリハビリを経て次第に合流)。

リーグ戦とともにミッドウイークとの連戦が続いてきたなか、国立決勝の舞台に立つチケットを懸けた埼スタ決戦。果たして、どのようなメンバーで挑むのか。リカルド監督は「決勝に行く自信はあります。点を取り、クリーンシートで進みたいです。(ファン・サポーターへ)ともに戦いましょう。タイトルを獲るチャンスです」と、一丸となって戦う決意を示した。

【注目記事】
【日本代表 スタメン予想】4-2-3-1復活!CF古橋亨梧、トップ下鎌田大地が有力か。久保建英の投入後に2トップも!? 23日アメリカ代表戦

【日本代表 市場価格ランキング】堂安律が久保建英を抜く。1位「31億円超え」はあの二人!Jリーグ1位は浦和の酒井宏樹だが…

罰金15万円!ダビド・シルバが弟らと乱闘、若い女性を押し倒す。一人はナイフで脅す…。レアル・ソシエダの元スペイン代表

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加