【移籍情報】三笘薫の名相棒カイセドはブライトン残留へ。アーセナル、リバプール、チェルシーが獲得を目指すが...

【移籍情報】三笘薫の名相棒カイセドはブライトン残留へ。アーセナル、リバプール、チェルシーが獲得を目指すが...

  • サカノワ
  • 更新日:2023/01/25
No image

ブライトンの三笘薫。(Photo by Clive Rose/Getty Images)

マンチェスター・ユナイテッド、ニューカッスルも依然として関心を寄せる。

ヨーロッパ主要リーグの冬の移籍市場が佳境を迎えるなか、イングランド・プレミアリーグのブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンFCに所属するエクアドル代表MFモイセス・カイセド(Moises Caicedo)が、メガクラブからターゲットとなり注目株に浮上した。しかしエージェントも変更したなか、今冬の移籍は“なし”となったようだ。

エクアドル代表としてカタール・ワールドカップ(W杯)にも出場した21歳のボランチは、これまでリーグ18試合・1得点・1アシストを記録。ブライトンの心臓として不可欠な存在となっている。先日のレスター・シティFC戦でも正確なサイドチェンジから、三笘のスーパーゴールを引き出しいる。

『デイリー・メール』によると、今季途中にブライトンから引き抜かれたグレアム・ポッター監督率いるチェルシーは今冬、すでに二度、カイセド獲得のオファーを提示。しかしブライトンはいずれも拒否したそうだ。

チェルシーは当初5500万ポンド(約88億2000万円)の条件で打診したが、あっさり却下。違約金(移籍金)は1億ポンド(約160億4000万円)に設定されているのではないかという。

また、リバプールFC、アーセナルFCも獲得を検討。過去にもカイセドを欲したマンチェスター・ユナイテッド、ニューカッスル・ユナイテッドも依然として関心を示しているそうだ。

カイセドは正式に仲介人(エージェント)を変更。ただブライトンでレギュラーとしてプレーできていることに現在は充実感を覚えていて、移籍する意思はないそうだ。カイセドとブライトンは2025年6月まで結んでいるため、移籍に踏み切る場合には、様々なメガクラブから条件が提示されるシーズン後が、次のタイミングになりそうだ。

【いま読まれている記事】
【移籍情報】ストラスブール加入へ、鈴木唯人が清水を離脱「海外クラブへの移籍を前提とした手続きと準備のため」

【浦和】ギアクマキス獲得レース、「レッズが2週連続リード」もMLSマイアミと一騎打ち

「ミトマ、衝撃のゴールだ」マイケル・オーウェンが三笘薫をべた褒め!ハーランドとまさかの比較

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加