「買い物が上手くなる!」豚肉の部位ごとのオススメの料理はなに?

「買い物が上手くなる!」豚肉の部位ごとのオススメの料理はなに?

  • クラシル
  • 更新日:2022/11/27
No image

和洋中どんな料理にも合う「豚肉」。部位によって味わいやかたさ、脂ののり具合などさまざまなので、部位ごとの特徴を知っておくと買い物のときにとっても便利です。そこで今回は、豚肉の部位ごとの特徴や、おすすめの調理法を詳しくご紹介しますよ。豚バラ肉を使ったやみつきおかずレシピも必見です!ぜひ最後までご覧くださいね。

どう違う?部位ごとの特徴やおすすめの調理法をチェック!

今回は、スーパーなどで見る機会の多い部位を大きく5つに分けてご紹介します。

バラ

ロース

肩ロース、肩

もも、外もも

ヒレ

それではさっそく見ていきましょう!

バラ

脂が多くこってりとした味わいのバラは、あばら骨の周辺についていて、脂身と赤身が層になっているのが特徴です。豚肉の旨味がしっかりと感じられ、野菜などさまざまな食材と相性がいいのも人気のポイントです!

No image

調理法は薄切りなら炒めものや野菜の肉巻き、ブロックなら角煮やチャーシューなどがおすすめです。「しゃぶしゃぶ用」や「焼肉用」など用途にあわせてカットされたものも売っているので、ぜひスーパーでチェックしてみてくださいね。

No image

ロース

ロースは胸から腰にかけて背中側にある部位で、脂身と赤身がはっきりと分かれているのが特徴です。肉質はきめ細やかでやわらかく、豚肉のおいしさを存分に味わえます。

No image

赤身と脂身それぞれの旨味が楽しめるロースは、しょうが焼きやポークソテー、とんかつなどの料理と相性抜群!豚肉をがっつり食べたいときは、ぜひロースを選んでみてくださいね。

No image

肩ロース、肩

肩ロースはロースの隣にある部位で、見た目も少し似ていますよね。ロースは脂身と赤身がはっきりと分かれているのに対し、肩ロースは赤身肉の間にも細かく脂が入っています。

No image

肩ロースの下にある「肩」は、筋肉質で脂肪が少ない部位です。ミンチやこま切れ肉として店頭に並んでいることもあり、いろいろな用途で使えるのが魅力です。

肩ロースや肩は肉質がかためですが、噛むほどに旨味が出てきます。シチューなどの煮込み料理や、焼き豚などにすると存分においしさを味わえますよ。

No image

もも、外もも

ももは名前の通り、足のつけ根の周辺にある部位です。赤身が中心ですが肉質はやわらかく、あっさりとした味わいが特徴。汎用性が高く、人気の高い部位です。調理法は炒めものや肉巻きなどがおすすめです!

No image

ヒレ

ヒレは豚肉の希少部位で、一頭からとれる量はわずか2%と言われています。肉質はとても繊細でやわらかく、脂肪の少ない赤身でありながらジューシーなのが特徴です。

ヒレは脂が少ないため、火を通しすぎるとかたくなってしまいます。調理法はとんかつやステーキ、炒めものなどがおすすめですよ。

No image

おすすめレシピをご紹介!

ここからは、豚バラ肉を使ったおすすめレシピをご紹介!今回は、ひと口食べたら止まらないおいしさの、みそバター煮をピックアップしました。部位紹介と合わせて、ぜひこちらもチェックしてみてくださいね。

大根と豚バラのみそバター煮

No image

ごはんのおかわり必至!大根と豚バラ肉のみそバター煮はいかがでしょうか。切った具材にみそやめんつゆなどを加えて煮込み、最後にバターを絡めて風味豊かに仕上げました。コクたっぷりのバターやみその味わいが、ジューシーな豚バラ肉やホクホクの大根にしっかりと絡み、やみつきになるおいしさです。めんつゆで簡単に味が決まるので、初心者の方にもおすすめのレシピですよ。

材料(2人前)

大根・・・200g

豚バラ肉 (スライス)・・・100g

生姜・・・1片

水・・・150ml

(A)めんつゆ (2倍濃縮)・・・大さじ1.5

(A)みそ・・・大さじ1

(A)砂糖・・・大さじ1

サラダ油・・・小さじ2

有塩バター・・・10g

トッピング

小ねぎ (小口切り)・・・適量

作り方

準備.生姜は皮をむいておきます。 大根は皮をむいておきます。
1.大根は乱切りにします。
2.生姜は千切りにします。
3.豚バラ肉は一口大に切ります。
4.フライパンにサラダ油をひき、中火で熱し、2を入れて炒めます。
5.生姜の香りが立ったら3を入れて中火で炒めます。
6.豚バラ肉に火が通ったら1を入れて、中火のまま炒めます。
7.大根に焼き色が付いたら水、(A)を入れ、落とし蓋と蓋をして中火で煮ます。
8.煮汁が少なくなるまで煮詰めたら蓋と落とし蓋を外し、有塩バターを入れて中火で絡めます。
9.全体に有塩バターがなじんだら火をから下ろします。器に盛り付け、小ねぎをのせて完成です。

部位の特徴をマスターしよう!

いかがでしたか。今回は豚肉の部位ごとの味わいや調理法と、豚バラ肉を使ったおかずレシピをご紹介しました。部位ごとに相性のいい調理法を知っておくと、豚肉料理の幅がぐっと広がること間違いなし!ぜひご紹介したレシピとあわせて参考にしてみてくださいね。

クラシル

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加