東北新幹線、24日全線再開 列車本数は8割程度、北海道新幹線直通運転を一部中止

東北新幹線、24日全線再開 列車本数は8割程度、北海道新幹線直通運転を一部中止

  • Traicy
  • 更新日:2021/02/22
No image

JR東日本は、2月24日始発より全線で運転再開する東北新幹線のダイヤを発表した。

当面の間は、那須塩原〜一ノ関駅間で速度を落として運転することから、臨時ダイヤで運転する。列車の本数は通常の8割程度となり、東京〜仙台・盛岡駅間で通常より所要時間が1時間程度長くなる。また、山形・秋田新幹線との直通運転は行うものの、北海道新幹線は一部列車を除き、新青森駅での折り返し運転を行う。

東京駅を午前6時4分に出発する「やまびこ51号」は、仙台駅に午前8時41分・盛岡駅に午前10時2分に到着する。東京駅を午前6時32分に出発する「はやぶさ1号」は、仙台駅に午前8時50分、盛岡駅に午前9時44分、新青森駅に午前10時52分に到着する。新青森駅で「はやぶさ507号」に乗り継ぐことで、午後0時18分に新函館北斗駅に到着する。

東京駅発の最終列車は、仙台駅行きは午後8時56分発の「やまびこ221号」、盛岡駅行きは午後7時40分発の「はやぶさ111号」、秋田・新青森駅行きは午後7時20分発の「はやぶさ・こまち43号」、新函館北斗駅行きは午後6時20分発の「はやぶさ41号」と新青森駅で接続する「はやぶさ543号」となる。

3月12日までの指定席券は、2月24日の営業開始より販売を再開する。すでに発売済の指定席券はそのまま利用できるものの、運休や編成変更となる列車があるほか、発着時間が変更となっているので、最新の時刻を確認するよう呼びかけている。2月24日意向の盛岡〜新函館北斗駅間の指定席券も一旦発売を停止する。

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加