松本明子、生放送でムチャぶりされ“放送禁止用語”叫んだ過去「2年弱謹慎しました」

松本明子、生放送でムチャぶりされ“放送禁止用語”叫んだ過去「2年弱謹慎しました」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/09/23

タレント・松本明子(56)が22日放送の日本テレビ「ダウンタウンDX」(木曜後10・00)に出演。共演者からムチャぶりされ「放送禁止用語」を叫んだ過去について語る場面があった。

No image

タレントの松本明子

松本人志ってどんな人?略歴、トリビアも!

それは、松本がデビュー直後に「笑福亭鶴光のオールナイトニッポン」アシスタントに起用されたときの出来事。ゲストに片岡鶴太郎が来たが「俺、松本のボーイフレンドを知っていて。名前を言ってもいいかな?」と、からかわれたという

松本は「それだけは許してください…」と懇願したものの、鶴光から「“あの4文字”を言ったら許してくれるんちゃう?」とさらなるムチャぶりが。その結果、パニック状態の松本は生放送でその言葉を叫んでしまった。

「翌朝、一般紙の社会面に新人歌手『放送禁止用語発言』と出てしまいまして。結果2年弱謹慎しました」と振り返ると、スタジオでは驚きの声が。MCの松本人志も「1文字で半年やからな」と同情していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加