嵐・二宮、ジャニーズ内YouTuber仲間を囲って別格の人気ぶりを発揮

  • 日刊サイゾー
  • 更新日:2021/05/03

人気グループ・嵐の二宮和也の公式YouTubeチャンネル『ジャにのちゃんねる』が4月29日までに、登録者数200万人を突破した。

同チャンネルはもともと、『4月25日19時オープンのチャンネル』というアカウント名で、正体を伏せたまま4月8日より動画投稿をスタート。以降も動画が数本投稿されたが、同月24日に投稿された動画で初めて二宮本人が登場。そこから話題となり、登録者数が急増、開設からわずか3週間という驚異的なペースで200万人を突破した。

「二宮単独かと思いきや、ジャニーズ事務所内でYouTuberの仲間を増やすという戦略。4月30日までに“仲間”になったのは、Hey! Say! JUMP・山田涼介、KAT-TUN・中丸雄一、Sexy Zone・菊池風磨の3人だが、彼らが登場することによって嵐以外のグループメンバーも視聴者として登録することになりそう。数多くの人気グループを抱えるジャニーズならではの戦略がハマったようだ」(テレビ局関係者)

2020年いっぱいでグループでの活動を休止した嵐だが、ファンクラブの推定会員数はジャニーズでもダントツの300万人と言われていた。

「ジャニーズのファンクラブは1人の人が名前を借りて何口も登録するのが当たり前だが、年会費や入会金がかかるファンクラブに対して、YouTubeの登録は無料。おそらく、今後、嵐のほかのメンバーも登場することになりそうで、どこまで登録者数を伸ばすかが注目される」(芸能記者)

芸能人のYouTubeチャンネルの登録者数では、シンガー・ソングライターの米津玄師が574万人(5月1日現在、以下同)。ちなみい、グループとしての嵐のチャンネル登録者数は320万人とあって、 二宮のチャンネルが〝嵐超え〟を果たすかも注目だが、あの元ジャニーズYouTuberにすっかり格の違いを見せ付けたようだ。

「20年6月に突如ジャニーズを退所しYouTuberに転身した元NEWSの手越祐也は、YouTuberと同じ手法で着実に登録者数を伸ばしたが、170万人に到達してから頭打ちの気配。さらに番組内容を見ても、手越はほぼ“ネタ切れ”かと思われるが、二宮はまだまだ“伸び代”がたくさんある」(同)

そのうち、二宮はほかの人気YouTuberとっても脅威の存在になりそうだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加