ゴルフ=全英女子オープン、19年優勝の渋野は7位に後退 山下が5位

  • ロイター
  • 更新日:2022/08/06

[5日 ロイター] - 女子ゴルフのメジャー最終戦、AIG全英女子オープンは5日、英ガレーンのミュアフィールド・リンクス(パー71)で第2ラウンドを行い、首位で出た2019年覇者の渋野日向子は1バーディー、3ボギーの73で回り、通算4アンダーの138で7位に後退した。

1イーグル、3バーディー、2ボギーの68で回った山下美夢有が、通算5アンダーの137で首位に3打差の5位。畑岡奈紗、堀琴音は通算2アンダーの17位で本戦に進んだ。

西村優菜、先週のスコットランド・オープン優勝の古江彩佳は通算4オーバーでカットラインに1打及ばず、昨年の全米女子オープンでメジャー初制覇を果たした笹生優花も予選落ち。

メジャー3回優勝の実績を持つ田仁智(韓国)が6バーディー、1ボギーの66とスコアを伸ばし、通算8アンダーで単独首位。マデレーネ・サグストロム(スウェーデン)とアシュリー・ブハイ(南アフリカ)が1打差の2位につけている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加