買うならどっち?クラウドファンディングで見つけた凄いスリープテック「iBand+」「Sleep i Mask」

買うならどっち?クラウドファンディングで見つけた凄いスリープテック「iBand+」「Sleep i Mask」

  • @DIME
  • 更新日:2021/05/03
No image

開発資金を募ってこれまでにない画期的な発想をカタチにする、クラウドファンディングは今や〝ヒットの登竜門〟。目標額達成済みの家電の中から発想に優れたモノを国内外のプラットフォームからピックアップ。対決形式で紹介する。

スリープテック

睡眠の追跡・分析だけでなく何と夢の質まで向上!?

No image
No image

『iBand+』参考価格:約2万9800円

睡眠サイクルを追跡、分析し、夢の中を自由に行動できる〝明晰夢〟を見やすくするという新感覚のヘアバンド。付属の枕スピーカーと自然な日光を再現したLEDライトで、快眠や爽快な目覚めを導く。

[ ココがスゴ技!]特殊な光で明晰夢を導く

No image

LEDライトの点滅とスピーカーから出るノイズで、睡眠を妨げずに夢を見ていることを自覚させる。

1日30分使用するだけで睡眠の質の向上を促す

No image
No image

『Sleep i Mask』参考価格:約2万9800円

脳を刺激し、眠気を誘う睡眠ホルモンの分泌を促して、快眠へと導くモバイルガジェット。睡眠不足からくるストレスや集中力低下の解消に加え、免疫システムの強化と美肌効果も期待できるという。

[ ココがスゴ技!]睡眠ホルモンにアプローチ

No image

微弱な電流で脳を刺激。IRB(治験審査委員会)の臨床試験では30%の患者の睡眠の質が向上した。

【スペック対決】携帯性は互角。『iBand+』は付属の枕スピーカーも魅力。

【連続使用時間】どちらも1回の充電で約3日は使うことができる。

【エビデンス】いずれも医療機器ではないが『Sleep i Mask』は臨床試験済み。

【新発想度】眠りの質を高めるガジェットは決して珍しくないが、夢を操るという『iBand+』のアプローチは斬新。試してみる価値あり!

取材・文/安藤政弘

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加