ニョンサバが女子2000mで世界記録の5分21秒56!男子100mでブレイシー9秒86/WAコンチネンタル・ツアー

ニョンサバが女子2000mで世界記録の5分21秒56!男子100mでブレイシー9秒86/WAコンチネンタル・ツアー

  • 月陸Online
  • 更新日:2021/09/15
No image

世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドの競技会が9月14日、クロアチアのザグレブで開催され、女子2000mでF.ニョンサバ(ブルンジ)が5分21秒56の世界記録で優勝した。従来の世界記録はG.ディババ(エチオピア)が2017年に室内でマークした5分23秒75。

ニョンサバは16年リオ五輪800mの銀メダリスト。その後にテストステロン値が高いことが判明し、WAの新規約によって800mにエントリーできず、東京五輪は5000m(予選失格)と10000m(5位入賞)に出場した。

今季は2マイルで世界歴代2位(屋外)の9分00秒75、3000mで世界歴代5位(屋外)の8分19秒08を出したほか、5000mではダイヤモンドリーグの年間チャンピオンに輝くなど活躍を見せている。

男子110mハードルは、東京五輪4位のD.アレン(米国)が自身初の12秒台となる12秒99(+0.7)でV。男子100mは、M.ブレイシー(米国)がU.ボルト(ジャマイカ)の大会記録にあと0.01秒と迫る9秒86(+0.8)で優勝した。女子円盤投では、2日前に71m16の北中米記録を樹立した東京五輪金メダリストのV.オールマン(米国)が69m63で勝った。

月陸編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加