ダブル不倫、体外受精...「不良夫婦」が提示した令和時代の夫婦のあり方—著者からのメッセージも

ダブル不倫、体外受精...「不良夫婦」が提示した令和時代の夫婦のあり方—著者からのメッセージも

  • よみタイ
  • 更新日:2021/11/25

ダブル不倫、体外受精…「不良夫婦」が提示した令和時代の夫婦のあり方—著者からのメッセージも

11月20日配信の22話で最終回を迎えた連載「不良夫婦」。
「よみタイ」で好評連載中の漫画『恋と友情のあいだで』共著原作者が再びタッグを組んで描いた、夫婦ドラマです。

120年以上も変わらない今の結婚制度に限界を感じ始めた夫と妻が、それぞれの視点で語るストーリー。
の執筆を山本理沙さん、を安本由佳さんが担当しています。
セックスレス、不妊、モラハラ、不倫……令和時代の夫婦を取り巻く現実をリアルに描き、大きな反響を呼びました。

今回は、最終回記念特集として、特に人気を集めたエピソードTOP 3の名場面をダイジェストでプレイバック。
著者のお二人からのスペシャルメッセージもお届けします。
どうぞ最後までお見逃しなく!

(構成・文/よみタイ編集部)

若い女の誘惑に負けた夫が、初めて離婚を意識した朝

No image

人気回第3位に入ったのは、連載第10話「『この結婚は失敗だった』…自慢の妻に幻滅したエリート夫が初めて離婚を意識した理由」。

大手法律事務所に勤める弁護士の櫻井康介と、その事務所で人気No.1アシスタントだった妻の麻美。
周囲が羨むような都会のセレブライフを送る櫻井夫妻ですが、麻美からの不妊治療の提案を康介がスルーしたことをきっかけに、夫婦の間には埋めがたい溝が広がっていきます。

ストーリー中盤に差し掛かった第10話では、康介が人気ライター・小坂瑠璃子からの誘惑に負けてとうとう彼女の部屋へ。当然何もないわけがなく……。

「先生、大丈夫よ。私……秘密は守るから」などと、物わかりのよい言葉を囁きつつ、ベッドの上では「行かないで」と引き止めるいじらしい瑠璃子に、康介はのめり込んでいきます。

一方、朝帰りした夫に対して、もはや関心すら示さなくなっている妻・麻美。

──この女と夫婦でいる意味って、なんだっけ……。

康介が、初めてはっきりと離婚を意識した瞬間でした。

起業家セレブ妻が味わった敗北感の正体

人気回第2位は、第17話「『産まない』選択はできない。セックスレスに傷つき、不倫に走った妻が下した最後の決断」。

康介が瑠璃子との関係に夢中になる中、麻美もまた、久しぶりに再開した“昔の男”晋也と逢瀬を重ねていました。

夫の浮気を都合良く利用して晋也との情事を楽しむ麻美。エステサロンの起業も順調で、順風満帆です。
しかしそれも束の間、「子どもは作らないんですか?」というSNSアンチの言葉や子連れの友人との遭遇により、麻美の心はどうしようもない悔しさと敗北感に覆われていました。

最近は起業や晋也との時間で気を紛らわせてはいたが、揃えるべきカードはすべて揃えない限りは、こうした卑屈な気持ちをいつまでも捨てられないだろう。「産まない」選択ができるほど、強い女ではないのだ。

こうして麻美は、「母」というカードを求めて暴走していくことになるのです。

No image

母になることを諦められなかった妻からの、まさかの提案

全22話の中でもっとも人気を集めた回がこちら!
第18話「子作りを拒否し続けてきた夫が、妻の『体外受精提案』に快く応じた理由」。

ある日、麻美から外食に誘われた康介。
妻と間男の密会現場を目撃していた康介は、いよいよ離婚でも切り出されるのかと覚悟します。

しかし、麻美の口から飛び出したのは意外すぎる言葉でした。

「ねぇこうちゃん、私たち、やっぱり子どもを作ろう」

「一回だけ病院に行ってくれれば、本当にもうそれでいいの」

麻美は「体外受精による子作り」と「オープンマリッジ」を提案したのです。
予想外の提案に対して康介は……。
櫻井夫妻が未来に向けて大きな決断をするエピソードです。

No image

こうして紆余曲折ありつつも子供が生まれ、夫婦の絆も深まり、ハッピーエンド♪
……とはいかないのが「不良夫婦」。
ストーリーはここから最終話に向けて、さらに怒涛の展開を迎えます。

未読の方も既読の方も、ぜひ1話から通して数々の名シーンをお楽しみください!

それでは、最後に、共著者お二人からのメッセージをお届けします!

「自分にとっての正解」を見つけるきっかけに/安本由佳(夫:康介視点)

No image

夫:康介視点を執筆した安本由佳さん

『不良夫婦』の結末に、皆さんはどんな感想を抱かれたでしょうか。

麻美も康介も褒められた人物ではないから、理解できない・信じられない・胸糞悪いとお叱りの声も飛んでくるかもしれません。

一つ、声を大にしてお伝えしたいのは、『不良夫婦』に描いた夫婦のあり方はあくまで一つのケースだということ。櫻井夫妻をスタンダードと捉え、結婚そのものに幻滅したり否定的にはならないで欲しいなと思います。不倫、DV、モラハラ……ネガティブな話題ばかりが取り沙汰される昨今ですが、表に出ていないだけで幸せに過ごしている夫婦も当然たくさんいます。

その一方で、様々な事情を抱えながら仮面夫婦を続ける人たちが少なくないのもまた事実。

「結婚も離婚も一つの選択肢」という価値観もようやく広がりを見せつつありますが、まだまだ世間一般に受け容れられているとは言い難いのが現状です。

そんな中、折り合いをつけるために「不良化」する夫婦のリアルを描くことは、令和の時代の夫婦のあり方のヒントになり得るのではないかーー。そんな考えから『不良夫婦』を執筆しました。

賛否両論、様々なご意見があると思います。

ただ、今まさに夫婦関係で悩む人たちにとって、この小説が、世間体や善悪から離れた「自分にとっての正解」を見つけるきっかけになれば嬉しく思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

結婚とは、人生を彩るための一つのツール/山本理沙(妻:麻美視点)

No image

妻:麻美視点を執筆した山本理沙さん

「結婚て、なんだろう」

ここ数年、世の中の流れを見ていて、本当によく思います。

ほんの少し前まで、結婚とは誰にとっても「人生の大きな節目」「その後の人生を捧げる絶対的なもの」そして、「幸せになるために必要なもの」だと思っていました。

しかし実際はどうでしょう。正直なところ、蓋を開けてみれば、結婚によって苦しみを抱えている夫婦がどんなに多いことか。

不倫、セックスレス、不妊、子育ての押し付け合い……問題は尽きることなく、お互いを憎み合っている夫婦も少なくありません。

そんな中で気づいたこと。

一部の「うまくいってる夫婦」は、実は結婚という枠に囚われず、異様なほど自由に過ごしているんです。

お互いを尊重、それぞれ自立して自分の世界を持つ……なんて言えば聞こえは良いですが、話を深ぼるほど、その実情はまさに「不良」。

メディアを騒がせる有名人なんて序の口、もはや爽快感すらあるほど「不良」として開き直っていました。

もちろん、愛情溢れる幸せな家庭を築くことができれば、それ以上のことはありません。

けれど何かしらの問題を抱えたとき、ルールに囚われた善悪にしがみついていては、人はいつまでも前に進めないことがある。

ときにはその殻を破り「不良」になってみると、意外にも自分に合った人生を見つけられるかもしれない……この作品は、そんな思いを込めてみました。

結婚とは、人生を彩るための一つのツール。

そのくらいのテンションでいても、今の時代には合っているかもしれません。

ここまでお読みいただいた読者さま、執筆を支えてくれた皆さまにお礼申し上げます。
お付き合いいただき、誠にありがとうございました。

安本由佳、山本理沙

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加