広島-巨人はドロー 広島栗林14戦連続0封、巨人高橋開幕6戦6勝ならず

広島-巨人はドロー 広島栗林14戦連続0封、巨人高橋開幕6戦6勝ならず

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/05/04
No image

広島対巨人 初登板からの連続無失点を14試合とした広島栗林(撮影・足立雅史)

<広島1-1巨人>◇4日◇マツダスタジアム

序盤は両先発が無失点投球。広島床田は1回2死一、二塁をしのぎ、巨人高橋は3回2死満塁で鈴木誠を空振り三振で切り抜けた。

巨人は4回に3連打で1点を奪い、先制。広島は5回に二塁打のクロンが三塁進塁後、床田の左犠飛で生還。同点に追いついた。

終盤は中継ぎ陣が踏ん張り、引き分け。巨人先発高橋は開幕6戦6勝ならず。広島栗林はプロ初登板から14試合連続無失点。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加