26歳男、飲食店で騒ぎ従業員に注意されて逆ギレ暴行 駆けつけた警察官が現行犯逮捕

26歳男、飲食店で騒ぎ従業員に注意されて逆ギレ暴行 駆けつけた警察官が現行犯逮捕

  • リアルライブ
  • 更新日:2022/05/13
No image

画像はイメージです

北海道札幌市西区の飲食店で、従業員の顔を殴ったとして26歳の男性会社員が逮捕された。

男は10日午後11時半すぎ、札幌市西区の飲食店を知人2人と訪れ酒を飲む。かなり騒がしくしていたようで、従業員が「静かにしていただけませんか」と注意をする。すると男が腹を立て、従業員の顔を殴るなどの暴行をした。

その後、被害を受けた店員が警察に「客が暴れている」と通報。店に駆けつけた警察官が暴行の疑いで現行犯逮捕した。警察の取り調べに対し、男は容疑を認めている。当時、酒に酔ってはいたものの、会話は可能だったとのことだ。

>>40歳無職男、パチンコ店の開店待ちで74歳男性を殴り逮捕「暖を取る場所で揉めた」と話す<<​​​

酒を飲んで騒ぎ、「自分さえ楽しければ良い」とばかりにわがままな振る舞いをしていたと見られる男。そのことに対して、店が他の客のことを考え注意するのは当然であり、立腹する要素は何もないはずだ。

男の身勝手な行動に、ネットユーザーからは「店員から注意を受けたら謝罪するのが大人というものだろ。暴力を振るうとかもう人間とは思えない。全ての飲食店の出入りを禁止するべきだ」「酒飲みは本当に行儀が悪い。しかも『ワシは客や』とばかりに、大きな態度を取っていたんだろうと思う。こういう人間のせいで節度を守っている人々の肩身が狭くなることを認識しろ」と怒りの声が上がる。

また、「従業員は注意するのは、本当は嫌だったと思う。それでも客のために注意を与えたのは称賛に値する」「被害者の従業員がかわいそう。大した罪にはならなそうなのも、同情する」「頭のおかしい人間なので無理だろうけれど、良心があるなら慰謝料支払いや謝罪を自らするべきだ」という声も出ていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加