実用的でオシャレ! 千原ジュニア氏の愛車「フォード エコノライン」がカッコよ過ぎた【東京アウトドアショー2022】

実用的でオシャレ! 千原ジュニア氏の愛車「フォード エコノライン」がカッコよ過ぎた【東京アウトドアショー2022】

  • MOTA
  • 更新日:2022/01/15

2022年1月14日(金)~16日(日)に、千葉県の幕張メッセにて開催される「TOKYO OUTDOOR SHOW 2022(東京アウトドアショー2022)」は、アウトドアに関する様々なブランドが一堂に会する「アウトドアの大博覧会」だ。会場となるホール11のセンター付近でひときわ目立っていたのが、アウトドア好き・旧車好きとしても知られる千原ジュニア氏の「1965年式フォード エコノライン」。独特のマスク、観音開き式のバックドア、ウインカーも赤一色のクラシカルなテールライト、レトロさを強調するミントグリーンとホワイトのツートン、ホワイトレターのタイヤ、ホワイトに塗られた別体式バンパーなど見所が多く、大いに注目を集めていた。

No image

千原ジュニア氏の愛車「フォード エコノライン」[1965年式]【東京アウトドアショー2022】 [Photo:島村 栄二]

旧車好きとしても知られる千原ジュニア氏お気に入りの1台は1965年式「フォードエコノライン」

No image

千原ジュニア氏の愛車「フォード エコノライン」[1965年式]

No image

旧車好き芸人としても知られる千原ジュニア氏

かつては1979年式日産 セドリック(330型)に乗り、最近は1964年式プリンス グロリア スーパー6 、1971年式フィアット チンクエチェント、1965年式フィアット600(セイチェント)ムルティプラ、さらにはビンテージバイクのホンダ・CB750FOURなどを愛車にする千原ジュニア氏。

2017年頃から所有するというフォード エコノラインは、アメリカ・サウスダコタのオークションに出品されていた車両を友人が見つけ、それを購入したという。

現代風装備も充実! 千原ジュニア氏のキャンピングカーとして活躍中

No image

千原ジュニア氏が手に入れたフォード エコノラインはキャンピングカー仕様だったため、装備されていたポップアップするルーフはそのまま生かしているが、キッチンなどは撤去して室内空間を拡大。リアシートを倒すことでフルフラットにできるため、車中泊も可能になっている。

No image

一方で、快適な移動が楽しめるよう、各シートにはUSBポートや電源を装備。ドアと連動したサイドステップを追加するなど、現代的なアップデートも行われている。家族や後輩芸人を乗せてキャンプライフを楽しんでいるとのことだ。

[筆者:遠藤 イヅル/撮影:島村 栄二]

MOTA編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加