関学大、善戦及ばず慶大に敗れる プロ注目の黒原は5回4失点で降板

関学大、善戦及ばず慶大に敗れる プロ注目の黒原は5回4失点で降板

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/06/11
No image

準々決勝、慶大対関学大 先発した関学大・黒原(撮影・柴田隆二)

<全日本大学選手権:慶大5-3関学大>◇10日◇準々決勝◇神宮

関学大(関西学生)は善戦及ばず、慶大(東京6大学)に敗れた。1回に失策絡みで2点を先制されたが打線が奮起。2回2死走者なしで、佐藤海都捕手(3年=市尼崎)が外角速球を完璧にとらえて左翼席に運んだ。4回も先頭の大谷優斗内野手(4年=大社)が初球速球を強振して左翼にソロ本塁打を放ち、同点に追いついた。3点ビハインドの7回は中隈廉王外野手(3年=明徳義塾)が左翼線適時三塁打を放ち、意地を見せた。

プロ注目で最速151キロ左腕の黒原拓未投手(4年=智弁和歌山)が先発したが、本調子ではなく5回4失点で降板。慶大打線を抑えられなかった。前日9日の2回戦で国際武道大(千葉)に逆転勝ちし、準優勝した1959年以来、62年ぶりの大会2勝を挙げていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加