「映画15本を1秒で」...SKハイニックス、現存最高速モバイル用DRAMを開発

「映画15本を1秒で」...SKハイニックス、現存最高速モバイル用DRAMを開発

  • 中央日報日本語版
  • 更新日:2023/01/25
No image

モバイル用DRAMLPDDR5T。[写真 SKハイニックス]

韓国半導体大手SKハイニックスは現存最高速度のモバイル用DRAM「LPDDR5T(Low Power Double Data Rate 5 Turbo)」を開発したと25日、明らかにした

SKハイニックスによると、新製品は昨年11月に公開したモバイルDRAMLPDDR5Xの性能をアップグレードしたものだ。

動作速度が1秒当たり9.6ギガビット(Gb)で従来製品比13%高速化を実現した。このような速度を強調するために規格名のLPDDR5後に「ターボ(Turbo)」を付けた。LPDDRはスマートフォンなどモバイル用製品に使用されるDRAM規格だ。

SKハイニックスは最近LPDDR5T単品チップを結合して16ギガバイト(GB)容量のパッケージ製品サンプルを作って顧客に提供した。

このパッケージ製品のデータ処理速度は1秒当たり77GBで、FHD級映画15本を1秒で処理する水準だ。SKハイニックスは今年下半期から量産に入る計画だ。

IT業界は5Gスマートフォン市場が拡大すれば速度・容量が高度化されたメモリー需要が増えるとみている。LPDDR5Tの活用範囲もスマートフォンだけでなく人工知能(AI)やマシンラーニング(機械学習)、拡張現実・バーチャルリアリティに拡大すると展望している。

SKハイニックスのリュ・ソンス副社長(DRAM商品企画担当)は「今回の新製品開発を通じて超高速を要求する顧客の要求を満たせるようになった」とし「今後も次世代半導体市場を先導する超格差技術開発に取り組み、IT世界のゲーム チェンジャーになる」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加