ヤクルト・村上が先制二塁打で72打点目「コンパクトに打ち返すことができました」

ヤクルト・村上が先制二塁打で72打点目「コンパクトに打ち返すことができました」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2020/10/18

(セ・リーグ、阪神-ヤクルト、20回戦、18日、甲子園)ヤクルト・村上宗隆内野手(20)が一回2死一塁から、右翼線へ先制の適時二塁打を放った。

先発右腕・秋山のカットボールを捉え「しっかりとタイミングをとってコンパクトに打ち返すことができました。先制点をとることができてよかったです」とうなずいた。この一打でシーズン72打点目。打点王へ、最後まで諦めない。

No image

1回、適時二塁打を放つヤクルト・村上宗隆=甲子園球場(撮影・水島啓輔)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加