ACアダプター兼モバイルバッテリーなのにこんなにスリム!

ACアダプター兼モバイルバッテリーなのにこんなにスリム!

  • &GP
  • 更新日:2022/06/23
No image

ACアダプター兼モバイルバッテリーなのにこんなにスリム!

出先での調べものや空き時間の暇つぶしなど、スマホが手放せない現代人にとってモバイルバッテリーはもはや必需品! とはいえ、特に大容量なモノはそれに従って重く大きくなるため、持ち運ぶのが億劫になることも。

Anker Japan(アンカー・ジャパン)から発売される「Anker 511 Power Bank(PowerCore Fusion 5000)」(4990円)は、こうした不満の解消につながるモバイルバッテリーです。

No image

本製品は、自宅ではUSB急速充電器として使用し、出かける際にはモバイルバッテリーとして利用できるという、1台で2つの役割を兼ね備えた「Anker PowerCore Fusion」シリーズの最新製品。

No image

「Anker PowerCore Fusion」シリーズとしては最小体積となるコンパクトモデルで、初のリップスティック型デザインを採用。サイズは約113×30×30mm、重さ約170gのため、小さなバッグやポケットに入れても邪魔にならないサイズ感です。

コンセントに差し込むプラグは折りたたみ式のため、バッグなどに入れておいても中の荷物を傷つけずに済みます。

No image

バッテリー容量は、iPhone 13シリーズを1回フル充電可能な5000mAhとコンパクトながら必要十分な容量を搭載。本体は約2時間半でフル充電が可能です。USB充電、モバイルバッテリーいずれの使用方法でも、最大20W出力の急速充電を行えます。

例えば、iPhone 13を0%から30分充電した場合、一般的な5W出力の充電器に比べて最大3倍の速度で充電することが可能(Anker調べ)。ポケットサイズで持ち運びやすく、ACアダプターにもなるモバイルバッテリーで、スマホのストレスを軽減してみませんか?

>>Anker

<文/&GP>

【関連記事】

◆4ポート合計で最大出力245W!モンスタースペックの充電器&モバイルバッテリー
◆ギア系モバイルバッテリー「NESTOUT」に待望の大容量タイプが登場!
◆見るからにタフ!IP67防塵防水仕様Goal Zeroモバイルバッテリー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加