忘れがちな浴室リモコンのお手入れ!風呂掃除のついでに水拭きしよう

忘れがちな浴室リモコンのお手入れ!風呂掃除のついでに水拭きしよう

  • くらしのマーケット
  • 更新日:2020/09/16
No image

お風呂の給湯器のリモコン掃除はできていますか?微妙にあるデ隙間や角にカビが発生したり、表示パネルに水垢の跡が白くつくことがあります。

もっと基本的な掃除忘れでは、リモコンの上部にほこりついていつの間にかこびりついているケースもあります。

電気製品であるだけに、ざぶざぶ水洗いできないリモコンのお手入れをご紹介します。

1)浴室リモコンは防水仕様

お風呂に入っている時に、シャワーや湯船のお湯が頻繁にかかっているので、防水であることはご存じですよね。

とはいうものの、壁を洗う時に一緒に洗剤を付けたスポンジでゴシゴシ洗うのはNGです。

【ご注意!】
台所にも給湯器のリモコンがある場合がありますが、台所のリモコンは防水ではないケースが多いようです。うっかり、びしょびしょの布で拭いたりしないように、マニュアルかメーカーのホームページで確認しておくといいですね。

2)リモコン掃除の基本は柔らかい布で水拭き

リモコンは防水ですが、お手入れは、絞った柔らかい布で水拭きが基本です。乾いた布で拭くと、傷がつくことがあるので、注意しましょう。

3)拭いても汚れがとれない時はピンポイントで掃除

水拭きで落ちない汚れがある場合は、台所用中性洗剤を水で薄めた中に浸した布を軽く絞り、汚れをふき取ります。その後、水で絞った布で洗剤をふき取りましょう。

リモコンや周囲のコーキングのカビの取り方

リモコンにカビが発生している場合は、まずは中性洗剤でふき取ってみましょう。初期のカビであれば中性洗剤でも取ることができます。

取れない場合は、カビ取り用の洗剤を綿棒などでカビに塗ります。エコ掃除派の方は重曹を水に溶いて、カビに載せるように塗ってもよいでしょう。

カビ取り用洗剤・重曹とも、リモコン全体にかけることは避け、カビ部分にだけピンポイントで塗布します。

塗ったらすぐに、柔らかい毛の歯ブラシでそっとカビをこすり落とし、洗い流すか、カビ取り剤が残らないよう、2,3度水拭きを繰り返します。

カビ取り剤を塗って長時間置くと、リモコンが変色したり、変形の可能性もあるので、手早く作業することがポイントです。

リモコンに付いた水垢の取り方

No image

表示パネルの黒い部分をよく見ると白い水垢が付いているのがわかります。写真の程度の水垢のであれば、中性洗剤を薄めた中に浸した布を固く絞り水拭きするときれいに取れます。

もっと、頑固な水垢が付いてしまった時はクエン酸水(水200ccに小さじ1杯のクエン酸を溶かします)で水拭きしてみましょう。水垢はアルカリ性なので、酸性のクエン酸水で汚れがゆるみます。

一度拭いても取れない場合は何度か拭くことを繰り返しますが、リモコンは樹脂ですので、変色の可能性があるためクエン酸水でパックして放置することはお勧めできません。

拭いた後は、何度か水拭きして、クエン酸や洗剤が残らないようにしましょう。

4)掃除の後、リモコンが動作しない場合の対処法

リモコン掃除に少々ためらいがあるのは、掃除後動かなくなってしまうのではないかと心配になるからかもしれませんね。

拭き掃除のせいで、動かなくなることはそうそう起こることではありませんが、万が一の時の確認事項をご紹介します。

自分で対処できない場合は、メーカーか販売店のサービスに連絡しましょう。

リモコンを一旦オフにして、5分ほど置いてから再度スイッチを入れてみます。再起動で治ることがあります。

ロック(子供のいたずらや誤操作防止)機能が付いているリモコンでロックがかかっていないか確認しましょう。

エラーコードが表示されていれば、マニュアルで確認し対処しましょう。対処できない時はエラー番号をメモして、サービスに連絡します。

給湯器本体のコンセントが抜けている場合は、リモコンは動作しません。

音が出ない時は音量設定を確認しましょう。スピーカー部に水がかかっていると音が小さかったり、こもることがあります。スピーカー部を拭いて乾くのを待ちましょう。

5)まとめ

浴室リモコンの掃除は決して難しいものではありません。掃除は月に一度くらいで大丈夫、「柔らかい布で水拭き」することでリモコンのキレイは保つことができます。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加