NEW
ロゴとアプリ版リニューアルのお知らせ
苦戦もドローに持ち込んだなでしこ...高倉監督「勝ち点1を取れたことをプラスに捉えたい」

苦戦もドローに持ち込んだなでしこ...高倉監督「勝ち点1を取れたことをプラスに捉えたい」

  • ゲキサカ
  • 更新日:2021/07/22
No image

[7.21 東京五輪GL第1節 日本女子 1-1 カナダ女子 札幌ド]

厳しい戦いとなった。しかし、粘り強く戦ってドローに持ち込んだ。なでしこジャパン(日本女子代表)の高倉麻子監督は「勝ち点1を取れたことをプラスに捉えたい」と振り返った。

「カナダも力があるチーム。特に前半は早い時間帯に失点してしまったので、少し硬い雰囲気もありつつ、うまく攻撃が組み立てられなかった」

試合開始早々の前半6分に先制点を献上し、試合を難しいものにしてしまった。1点をリードして、無理に攻めてこないカナダを攻略しきれずに簡単にはフィニッシュまで持ち込めない。後半に入って選手交代で流れを引き寄せようとしたが、PK失敗もあり、同点に追い付けないまま試合は進んでいく。「日本のリズムになる時間帯もあった」ものの、「決定的なチャンスを作れなかった」。

それでも粘り強く戦い、後半39分に岩渕真奈がネットを揺らして1-1のドローに。「最後は、しっかりエースの仕事をしてくれた」という背番号10の活躍もあり、つかんだ勝ち点1。「すべては勝ち点1を取れたことをプラスに捉えたい」と語ると、「私たちは一戦一戦成長していくと、チームの中で考えているので、次もっと良い試合ができるように全力で準備していきたい」と次なる戦いへと臨む。

(取材・文 折戸岳彦)●東京オリンピック(東京五輪)特集ページ

Gekisaka

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加